soleil diary

歌舞伎座さよなら公演

歌舞伎座がもうすぐ建替えられてしまう、、、
というわけで、今のこの趣のある歌舞伎座という建築物と、そこで実際の公演を楽しむべく
3月20日土曜日は、歌舞伎座さよなら公演を見てきました。f0084795_2212197.jpg
その日の公演は満員御礼。
席は、見納めなのだからと奮発して1等席(15,000円也)にしましたが、
なんと「とちり席」の「ち」の中央寄りという、
1等席の中でもかなり良いお席で見ることが出来ました。
(貴重なチケットを予約してくれたYちゃん、どうもありがとう!)

第二部 午後2時30分~ 演目は以下の通りです。

  菅原伝授手習鑑
一、筆法伝授(ひっぽうでんじゅ)
  菅原館奥 殿の場
  同  学問所の場
  同  門 外の場

             菅丞相  仁左衛門
            園生の前  魁 春
              戸浪  芝 雀
             梅王丸  歌 昇
            荒島主税  松 江
            腰元勝野  新 悟
            局水無瀬  吉之丞
            三善清行  秀 調
           左中弁希世  東 蔵
            武部源蔵  梅 玉


二、弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)
  浜松屋見世先の場
  稲瀬川勢揃いの場

         弁天小僧菊之助  菊五郎
            南郷力丸  吉右衛門
            忠信利平  左團次
            伜宗之助  菊之助
            鳶頭清次  團 蔵
          浜松屋幸兵衛  東 蔵
           赤星十三郎  梅 玉
          日本駄右衛門  幸四郎

正直、歌舞伎は高校生のときの課外授業で見たくらい?なので、
日本語だけれど、何を言っているのかちんぷんかんぷんなところもあり、、、、
(「筆法伝授」に比べて「弁天娘女男白浪」はずっと庶民的で分かりやすい展開でした。)
でも、舞台の色使いの美しさと、様々な音使いで、とても楽しく歌舞伎を見ることが出来ました。

そうそう、たくさんいらっしゃった「大向こう」さんたちの合いの手も絶妙で、活気十分。

また、幕間では客席でお弁当が食べれちゃう
普段行っているクラシックのコンサートにはないカジュアル感に驚き。
歌舞伎はもともと江戸時代の大衆娯楽なんだもんなぁ、と改めて感じました。

こんなに素敵な歌舞伎座。
確かに耐震などの安全面に問題もあるのでしょうが、
やはり建替えられてしまうのは寂しいです。。。f0084795_2273724.jpg
[PR]



by my50109 | 2010-03-27 01:50 | film & concert

Yahoo! blogからのお引越し
by my50109
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

メモ帳

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧