soleil diary

メーナートのピッコロ

ショールームで6回企画されていたセミナーも残すところ明日で最後。
毎回大勢のお客様にお越しいただき、本当にありがたいです。

もう慣れて緊張なんかしないでしょ?と言われます。
確かに大阪から数えれば、既に14回目なので緊張はしませんが
それでも毎回上手くいくか、お客様にご満足いただけるか心配になります。

でもって、終わるとぐったりして帰りますが、
セミナー帰りのお客様にそんな姿を見られたら大変、と
一応講師らしく(?)、最後まで頑張って背筋を伸ばして帰ります。
こんなセミナーひとつで気を使うんだから、それこそ芸能人や
著名人は大変ですね。。。

さて、今日の帰りは直帰したい気持ちをぐっとこらえて、
今週練習が予定されているブル6とブラ4のスコアとCDを買いに
銀座の山野楽器まで行きました。
(山野、ブル6のスコアラスト1冊でした。有ってよかった、、)

それだけで帰るのもちょっともったいないので、帰りに
5階の管楽器コーナーへ寄り道し、ピッコロを試奏してきました。

☆オケで後輩のA君にいびられる毎日に終止符をつけられるような、
「とりあえず大きい音が出せるピッコロをお願いします」という
いまどき中学校の吹奏楽部生徒でも言わなそうなお願いをしたところ、
出てきたのが次の4本。

アメリカのバーカート、パウエル、チェコのフィンダ2本(木質違い)。

ほんっと良く鳴る!特にバーカートが私には良かったです。

そして、音色重視の方のピッコロということで、
ドイツのハンミッヒとメーナートを持ってきてくださいました。

ハンミッヒはいつもの感じ。でもメーナートは素晴らしく良かったです。

明るくて、芯があって、高音は良く飛び、低音は太い。

一瞬ボーナスを継ぎこんでしまいそうになりましたが、
「トラなのにおかしい!買うにしてももっとよく考えるべき!!」
と思い直し、価格だけ聞いて帰りました。

メーナートは880,000円(税込)で、バーカートは568,050円(税込)です。
20万ちょっとであの音の違いならメーナートだけれど、
ユーロも安いし、なんならドイツまで買いに行った方がお得かも?
なんて思ったり。

いずれにしても、メーナートをもっと色々吹き比べてみたいと思いました。

でもってA君、私もメーナートなら君のCDのピッコロ位出せそうよ。
というわけで、あれは楽器の力ということで。(ん?)
[PR]



by my50109 | 2010-06-22 00:39 | flute

Yahoo! blogからのお引越し
by my50109
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メモ帳

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧