soleil diary

私の帰りを待つ旦那様

本日当直明けの彼は、うちでゆっくりしていたいというので、管理人さんに電話で頼んでおき、彼が来たら部屋を開けてもらいました。

で、私の帰りをご飯を作って待っていて、、、、はさすがになく、すやすやと寝ていて、私が会社を出るときのメールで起き、ピザを頼み、お茶を入れて待っていてくれました。エライ!

私は彼が待つ家に帰宅し(心持ち足取りも軽やか)、「ただいま」って言って「おかえり」って言ってもらって幸せ~!これなら毎日しっかり働くよ!!しかも、普通は手料理ができてて、お風呂も沸いてて、なんなら駅まで迎えに来てくれるんでしょ?
いいなーーーーー、うらやましいーーーーー。

私も専業主夫が欲しいと、今日つくづく感じました。で、本人のお小遣いを稼ぐために派遣とか、バイトとかしてもらうの。(昔、世の中の男性がそう言っていた理由がわかりました。要は自分のためなのね)

でもしばらくしたら「こんなお給料じゃやってけないんだけど、」とか言われて、ごはんも手を抜かれ、子どもと一緒に馬鹿にされたりするんだろうか、、、。それは悲しい、、、。(やっぱり働くことの大変さとかちゃんと理解して欲しいから正社員として働いてもらおう。←結局自分本位!?)

閑話休題。

今日彼がうちに来て、そしてまたつくばへ戻っていったのは、カルミナブラーナを聴くため。
誕生日に会ったときに、「秋定はカルミナなんだよ、でもちゃんと聴いたことないけど」と言ったら、本人は大好きだったらしく、私用にわざわざ購入したCDと本人のスコアを持参してやってきて、二人でスコアを見ながらCDを聴いたのでした。こんなデートは初めてです(笑)。

確かにとても楽しい曲でした。1曲1曲がとても短くて、かっこよくて綺麗です。そしてびっくりしたのが、最初の曲が最後にもう一度でてくるところ。知らなかったので、本当に驚きました。
[PR]



by my50109 | 2011-04-27 00:14 | with him

Yahoo! blogからのお引越し
by my50109
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

メモ帳

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧