soleil diary

初めての女性主賓挨拶(ご参考まで)

土曜日に行われた部下(新婦)の結婚式で、初めて主賓挨拶なるものを担当しました。
30代前半女性で主賓なんて滅相もないですし、胃が痛くなるほど緊張しましたが、なんとか終了。

思い起こせば数ヶ月前に別の部下たちから「○○課長の主賓のあいさつはここがダメだった、あれがダメだった。変な笑いなんてとろうとしないで、普通に誉めてくれればいいのにね」と、主賓挨拶NG具体例を聞かされていましたので、「とにかく無難」を目指してやりきりました。(振り返れば、あれは遠回しのご指南以外の何物でもなかったと、感謝しています、笑)
本番の挨拶後、テーブルに着席したら別の部下から「王道でした」と評価いただけたので、失敗はなかったと思います。

原稿は、繰り返し繰り返し練習して、とにかく覚えました。実際、他の主賓の方々もカンニングペーパーは持っていらっしゃらなかったです。
これまではフルートの発表会で、「私は暗譜は苦手だからできないな」と避けてきましたが、それは本気度が足りなかったんだとわかりました(^^;
新郎新婦におめでとうと言う時は二人を見て、ご両家さまにお祝いを言う時は遠い親族テーブルを見て、また立っている新郎新婦に着席を進めることも忘れずに行いました。

ご祝儀は、「若いから、主賓でも3万円でいいんじゃないの?」というお話もありましたけれど、きちんと5万円包みました。後から主賓挨拶のお礼(時にお車代という名目で渡されることもあるらしい)として、新婦から1万円を頂きましたので、5万円包んで正解でした。

服装は、黒いミニ丈のドレスにしようと思いましたが、ショップ店員さんから「主賓は膝が隠れなければいけない。ご親族が何と思うかわからない。品格が何よりも重要」とアドバイスを頂き、ANAYIのブラウンベージュカラーのシルクワンピースにパールのネックレスを合わせ、ただし無難さを避けるためにEIZOの赤いエナメルのヒールを組み合わせました。f0084795_0505683.jpg
※ちなみにこれは、同じ時期に買ってなかなか履く機会が無いNine Westのサンダル(T_T)f0084795_0542397.jpg
髪とお化粧は、美容院にすべてお任せしましたが、髪型はいかにもパーティっぽいものにせず、編みこみにして最後に耳の脇で束ねてもらうクラシカルモダンのようなデザインにしてもらいました。

お式自体は、台風がとても心配されましたが、強風のみで雨が降らなかったため、外での記念撮影なども無事に出来、ゲストも全員揃い、本当に新郎新婦らしい素敵なお式で良かったです。

Sくん&Tちゃん、末永くお幸せに☆
[PR]



by my50109 | 2011-09-05 01:02 | work

Yahoo! blogからのお引越し
by my50109
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

メモ帳

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧