soleil diary

大学OBオケ初合奏

結婚式の後は、2次会を欠席して大学OBオケの初合奏に参加しました。

1年ぶりに会うメンバーばかり。
懐かしくて嬉しくて楽しいんですが、みんな現役時代を知っている分、
手を抜けない雰囲気があるのが、大学OBオケの特徴でしょうか。

去年と今年の大きな違いは指揮者の先生。
去年は現役の頃からお世話になっていた小田野先生というかたで、
先生の思い入れがこのオケにはある分(?)、大変厳しく、
本番までの練習は私にとって、地獄のようでした。(ほんと、先生怖すぎ!)

今年の先生は大河内先生。
穏やか~~。同じオケなのに。
先生でこんなに違うものかと思うくらい、穏やか~~な雰囲気でした。

これがいいのか悪いのか、それはまぁ、
私達がどれだけ大人なのか、に因るんでしょうが。

さて、曲目はベートーヴェンのコンチェルトと交響曲7番。

私はコンチェルト好きなので、今回はベトコンにのせていただきました。
初合奏から本弾きの三浦先生で、まぁなんとも贅沢。

そして、ベト7のフルートは久々に大先輩がお乗りあそばされます。
この先輩はかつて大学オケの威儀僧のような存在で、
これまでに数多の逸話を残された方です。

さて、この先輩のフルートを数年振りに聞いた感想ですが、
私の好みの音色ではないけれど、テクニックはとても4年間のブランクを感じさせません。

上手いといえると思います。(ベト7に手を出さなくて本当によかった。)
ただベト7だったら、音色的にもうすこし華やかなタイプでもいいような気がします。
[PR]



by my50109 | 2006-04-16 23:18 | flute

Yahoo! blogからのお引越し
by my50109
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

メモ帳

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧