soleil diary

Sony Philharmonic Orchestraを聴きに

土曜日は友人が所属するソニーオケの演奏会を聴きに
クラリネット吹きの友人とすみだトリフォニーホールへ。

オーケストラを所有している企業はいくつかありますが、
流石はソニー、規模が違うようです。
プログラムを開くと、まず出井さんが顔写真付でコメントしています。
しかも今年はソニー創立60周年。
合唱付きの大規模な演奏会で、1801席あるホールはほぼ満席でした。
前日発表された悪いニュースが水をさしたことが残念ですね。

1曲目、ベートーヴェンの序曲「コリオラン」が始まる、
前に指揮者入場。

ん・・・?
やけによろよろしてるけど、この指揮者、誰だ??

とりあえず曲が終わるまで我慢。
終わるや否や、プログラムを開きます。(隣の友人も同じ事をしています)

指揮者:大賀典雄

・・・現ソニー相談役。

ほほう、、、そういう演奏会でしたか、、、(^^;

というわけで指揮者プロフィールを熟読。

***

1930年静岡県沼津市生まれ。→76歳でした。

京芸術大学在学中にソニー(当時の東京通信工業)のテープレコーダーに
クレームをつけたのがきっかけで創業者の井深大・盛田昭夫両氏に請われ同社嘱託となる。
→それで在学中に嘱託社員って、ソニーってばすごいです。

ドイツに留学し、ベルリン国立芸術大学音楽学部卒業後、ソニーに入社。
→ソニーは待ったんですね、大賀さんを。

広告部長とデザイン室長を兼務して現在のソニーブランドの礎を築いた。
入社してしばらくの間、バリトン歌手としても活動していた。
1964年に34歳にして取締役に就任。1982年に社長に就任し、その後、会長、
取締役会議長、名誉会長を歴任し、2006年4月1日より相談役。
オーディオのデジタル化に力を注ぎ、コンパクトディスクの開発とソフト普及の先頭に立った。
またミニディスク(MD)の仕様は大賀自らが書き起こしたと言われている。
→まさに今ソニーがあるのは大賀さんのお陰というくらいすごい人なんですね。

指揮者としては、1990年に60歳の記念として東京フィルを指揮したのをきっかけに
世界中の名門オーケストラと共演した。
中でもベルリンの壁跡地のポツダム広場再開発地区に建設した
ソニー・センターの落成式典でベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮して
ベートーベンの交響曲第9番を演奏したのは有名。
→趣味の世界もまた、、、

2001年11月に北京でオーケストラを指揮中に倒れ、長期療養を経て復帰したが、
2003年1月28日に取締役を退任した。
→これ結構有名みたいですね。

療養先であった長野県軽井沢町に音楽ホールがないことから、税引き後の退職金
全てを使い、音響の理想とされる平行壁面のない五角形のホールを建設、寄付した。
→ちなみに退職金はおよそ額面で16億円だったようです。すごい。。。

****

演奏は、、、指揮とオケが全然あっていませんでした(^^;
友人談「かなり面白かった!」

ちなみに、打ち上げは隣の東武ホテルの1フロア貸切だとか。
そんなアマオケ聞いたことなーい!(笑)

あ、メインは第九でした。合唱素晴らしかったです。
気分はもう年の瀬。
[PR]



by my50109 | 2006-10-01 22:54 | flute

Yahoo! blogからのお引越し
by my50109
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

メモ帳

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧