soleil diary

私の楽器を下取りすると

もし仮に、楽器をフルで買い換えるとすると、
やはり今ある楽器を下取りに出して、お金の足しにしなければなりません。

非現実的ですが(買えないから)、私の楽器の下取り価格を
恐る恐る山野楽器さんに聞いてみました。

自分の楽器を売る場合の方法は大きく2つあるそうです。
(状態があまりに悪い場合は、楽器屋さんも引き取りません)

①楽器屋さんに下取りしてもらう
②自分の好きな価格を付けて、楽器屋さんの中古売り場に置いてもらう 
  (楽器が売れたら、20%は楽器屋さんの手数料になる)

不動産さんみたいですよね。

さて私の楽器、H管でEメカもついているので、定価だと110万円くらい。
それに山野さんがつけた下取り価格は35~40万円。
築10年物です。安い?高い?

でも山野さん、②の方が私の楽器の場合良いとアドバイスしてくれました。

今、山野楽器においている中古のPTPより、
私の楽器の方が状態が明らかに良いそうです。
そしてそのPTPについている価格が65万円くらい。

といことは、それより高い価格を私が指しても売れるであろう試算。
仮に65万で売れれば、20%の手数料を山野楽器に支払っても
52万円ですからね。

楽器は大切にすれば、最後まで微笑んでくれるということでしょうか。

この10年、一度もオーバーホールもタンポ交換もしたことがないと言ったら、
その割にはあまりに状態が良いと驚いていた山野さん。

ちなみに状態を良く保つコツは、
①ケースの中に入れっぱなしにせず、こまめに新鮮な空気に触れさせる
 (ちゃんと良く練習してればいいってことみたい)
②定期的に点検に出してバランスを良い状態に保っておく
そうです。

12月2,3日はムラマツのFLフェアに行ってきます。
[PR]



by my50109 | 2006-11-20 00:28 | flute

Yahoo! blogからのお引越し
by my50109
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

メモ帳

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧