soleil diary

♪今回の演奏会の聴き所♪

f0084795_037671.jpg
明後日の演奏会の聴き所、それは、1曲目の
サンサーンス 交響詩「死の舞踏」 の冒頭です。
なぜってそれは、私のソロだから(笑)

12時の鐘が鳴って、棺おけから骸骨がでてきて踊りだし、
夜明けを告げる鶏の鳴き声(オーボエがやります)
とともに骸骨達が棺おけにわらわらと戻っていく、
短い、不協和音満載の曲です。

指揮者が入場し指揮棒がおりると、
ハープが12時の鐘を奏でます。
ちゃんと12コ鳴るので数えてみてください。
(その間私はドキドキです)

鐘が鳴り止むや否や、「さあ踊ろう!!」と
死神がバイオリンを弾きます。
そして踊りだす一人目の骸骨役が、私♪
わずか5秒のソロなのでお聴き逃しなく。

私が演奏したものと同じメロディを色々な楽器が演奏します。
木琴は、骨と骨がぶつかる感じが最も良く出ていますよ。

同じサンサーンスの「動物の謝肉祭」を聞いた事がある人は、
この「死の舞踏」を聴いてぴんとくるはず。
前者が2拍子で後者が3拍子です。

次のチャイコフスキー 幻想序曲「ロメオとジュリエット」
が最も聞きやすいのかな。
さびの部分はロマンチックで素敵です。
演奏しているほうもノリノリで吹いています。

最後の プロコフィエフ 交響曲第5番変ロ長調
は長いので途中で眠ってもOKです。
作曲者のプロコフィエフも、聴衆が眠りやすいように、
ところどころ睡眠に適した綺麗なメロディを書いているくらいです。

私が好きなのは2楽章。ここには沢山笑えるメロディがでてきます。
あと、全体を通してドラゴンクエストのような印象を受ける曲です。

どうでしょう、少しは楽しみになってきましたか?

問題は、私が明日から名古屋に出張、
土曜日の朝東京に帰ってくることです。

天気予報では晴れのようですが、
万が一雪が降って新幹線が止まったら演奏会に間に合わない、
などとちょっとだけ不安です。
[PR]



by my50109 | 2007-02-02 00:32 | flute

Yahoo! blogからのお引越し
by my50109
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

メモ帳

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧