soleil diary

カテゴリ:work( 91 )




モワザンのパンとお仕事

昨日、仕事帰りに離れて暮らす旦那さんのところに電話をしたら、スーパーでお買い物中でした。

先週の日曜日、朝ごはんに食パンを焼いて2人で食べたのですが、食パンを焼いて食べるとおいしいということをその時実感したみたいで、それから朝ごはんに、食パンを焼いて食べているみたい(^_^)

そして、自分は最寄り駅に着いてみると、目の前にモワザンが。
何となく入ってみたら、焼きたてのクロワッサンが売っていたので、買って帰りました。
焼きたてのクロワッサンは、あったかくてパリふわな感じでとても美味しかったです。
※今日は同じモワゾンで焼きたてじゃないクロワッサンを買って、トースターで温めてみたけれど、やっぱり焼きたては違いました。

さて、企画協力しているお客様のモデルルームを先日見学させていただきました。
インテリアにすごくこだわった企画だったのですが、それだけにとても素敵にできていて、思わず興奮。
その直前にへこたれることがあったのですが、このインテリアにとても助けられました。

そして、今月は少し変わったお仕事がありました。
某知的障害者施設のインテリアを提案していたのですが、合わせてユニットにつける名前を考えてほしいとのこと。
というわけで、ベガやシリウスなど一等星の名前や、アカシア、イチゴ、など、ヒアリングしやすい「あいうえお順」の花名を花言葉も交えながら考えたり。

一度付けた名前って、どの施設でもすごく長く使用されているので、結構ちゃんと考えました。気にいってもらえると嬉しいです。
[PR]



by my50109 | 2012-09-26 20:33 | work

お客さんから結婚祝い

今ゲリラ豪雨。すごい雷だけど、すっかり涼しくなりました。

朝から佐川急便さんがきて、扉を開けたら人が入りそうなほど大きな箱があって、思わず目を見張りました。

中身は胡蝶蘭。そういえば、お盆休み前にお客さんから結婚祝いに花を贈りたいと言われて、自宅の住所をお知らせしていました。
f0084795_10433897.jpg

でも、ちょっとびっくり。個人的に胡蝶蘭を初めていただきました。ありがとうございました。
[PR]



by my50109 | 2012-08-18 10:25 | work

新姓での日々

入籍して一ヶ月強、職場も旦那さんの苗字に統合してしまいましたが、徐々に新しい苗字で電話に出ることにも慣れてきました (まだ気を抜くと、旧姓が出てしまうのですが) 。

そして、一風変った苗字だと、漢字は間違えられるし、電話を切った後に再度お客様から「その名前はどうやって書くのですか?」と聞かれたりして、大変だなぁということを感じています。

でも、旧姓で仕事をしていた時よりも、苗字を変えた後の方が結婚したという認識が広まり、最近になって職場でお祝いの言葉をよくいただきます(もちろん「旧姓のまま仕事してくれた方が助かるのに」、と素直なコメントをくれる同僚もたくさんいましたが、笑) 。

以前から一緒にお仕事をさせていただいているお客様には、さすがにお伝えしにくかったのですが、結果皆さん明るく楽しく祝福してくれています。

そんな中、ついに私の家に届く郵便物が今日全て(三通)新姓で届き、ちょっと驚きました。
その中に、かわいい後輩からの結婚式の招待状も混ざっていて、とても嬉しい気持ちです。

自分の結婚式の招待状を送る側になってみて、初めて招待状返信は早い方がいいということを実感したので、後輩の招待状にも早速お返事を出そうと思います。
ちなみに、遅いと本当に出席してくれるのか心配になってしまうのですが、あえて吉日を待って投函してくれると言う方もいらっしゃるよう。
確かに、自分たちも招待状投函するときに、危機説を選ぶようにウエディングプランナーさんから言われました。

素敵な結婚式になりますように。
[PR]



by my50109 | 2012-07-26 22:47 | work

(備忘録)UIA世界建築大会(9/27.28)

9/27tue.28wedは、9月25日(日)-10月1日(土)で開催されたUIA2011東京大会 第24回世界建築会議の講演を聞いてきました。f0084795_22125234.jpg
※この時期は、UIAに加えて仕事も多く、上期のまとめの上に退職者がいて、さらに名古屋で会議があったりと、とても忙しかったことを今思い出しました、笑

UIA、世の中的にはかなり地味でしたが、建築の世界ではとてつもなく大きなイベントです。

以下UIAのHPより参照
「著名建築家や技術者、研究者、学生など約1万人が、世界中から集まるUIA大会(世界建築会議)は、世界最大級の建築イベントです。
およそ1週間の大会では、講演やセミナー、プレゼンテーション、ワークショップ、展覧会、ツアーなど、大会テーマに基づく多彩なプログラムが開かれ、これからの建築や都市のあり方を探っていきます。
UIA大会は、1948年にスイス・ローザンヌで初めて開催されて以来、ほぼ3年に一度、世界の各都市で開かれています。日本での開催は、24回目となる今回が初めてです。」

そう、今回が日本初開催!地味だけど世界最大級!!f0084795_22143969.jpg
今回のテーマは「DESIGN 2050」。

Beyond disasters, through Solidarity, towards Sustainability
3月11日の東日本大震災は、極めて大きな問題を日本だけでなく世界に投げかけ、気候の変動や人口問題など、21世紀に入ってから世界規模で諸問題が深刻化し、これからの建築や都市のあり方に、大きな影響を与えることになるでしょう。
では、こうした状況のもと21世紀の建築や都市はどうあるべきなのでしょうか?
この問いかけに対して、UIA2011東京大会で掲げるテーマが「DESIGN 2050」です。今大会では、こうした世界が直面するさまざまな課題を踏まえつつ、2050年にあるべき未来像を描き出し、そこに向けて持続可能な建築環境や生活の質を「デザイン」していくための道筋を探ります。

―UIA HPより参照

会期中、役員や上司にご配慮いただき、SANAAや槇文彦先生の講演も聞くことができ、大変勉強になりました。また、世界会議に出て英語の重要性をひしひしと感じた次第です。

次回2014年の開催地は南アフリカ共和国ダーバン。サッカーWorld Cupもあり、どんどん変貌を続ける南アの建築は、きっと面白いに違いありません。

メインテーマ「architecture otherwhere」。

そして、10月1日に開催された第25回UIA総会にて、2017年UIA大会開催都市が大韓民国、ソウル市に決定したそうです。

ソウル、見に行けると嬉しいな(^^)
[PR]



by my50109 | 2011-11-16 22:22 | work

阪急MEN'S TOKYOと最近ネイル

10/24のNRIフォーラムの後は、そのまま10/15にopenしたばかりの阪急MEN'S TOKYOを見学。最新の話題を集めている施設は、仕事柄やはり見ておかないといけません。

阪急MEN'S TOKYOは、表参道ヒルズの様なシックな豪華さを感じました。ファッションの展示会に行っても感じますが、最近のメンズファッションは本当に力が入っていると思います。

男性ファッションエリアではありませんが、個人的には8階のFruit Gatheringに架かっていた特注のカラフルフルーツシャンデリアが可愛かったです。ガラスが繊細で取り扱いに注意が必要ということでしたが、とっても素敵。f0084795_23195173.jpg
f0084795_23193772.jpg
10/28にOPENしたLUMINE有楽町店にも近いうちに行かなくちゃ。

ちなみにこちらが最近のネイル。f0084795_23284167.jpg
以前は常にネイルサロンに行ってジェルをしていただきましたが、最近は自分で自分でやるようになりました。
理由は、ジェルに飽きてきたのと、マニキュアの質が良くなってきたこと、サロンに行く時間が無いこと、結婚式でお金がとてもかかること、やっぱり短い爪は楽なこと、家事をあまりしていないので爪が痛まないことかしら(^^;
でも時々サロン帰りの綺麗なジェルの爪を見ると、行きたくなったりもします。
[PR]



by my50109 | 2011-11-13 23:25 | work

european design'11

昨日は会社の子たちとヒルトン東京ので行われたeuropean design'11に行きました。

このイベントには初めて行きましたが、まるでミラノサローネとメゾンエオブジェをマイクロコンパクトにまとめたみたい。

会場や雰囲気も素敵だし、どのブースの家具もインテリア雑貨もファブリクスもみんなとても魅力的で、とても幸せな時間を過ごすことができました(^_^)

会場となったヒルトン東京「菊の間」も素敵。f0084795_21412411.jpg
木材がデザインのポイントになっているみたいで、床も壁も、まるで寄木細工みたいです。
宴会場の扉もほら。f0084795_21434514.jpg
でも、この扉のように、本物の木材を使うところは実はかなり限られていて、木材らしく見えるプリント壁紙などを上手く使ってエコ&コストダウンを図っているように感じました。

いよいよ今週末から東京は本格的なデザインウィークに入ります。
毎年この時期は、聞きたいカンファレンスや見たい展示会が盛りだくさん。
でも今年は演奏会や顔合わせなどが既に入ってしまっていて、色々諦めないといけないのが残念です(T_T)

限られた時間に出来るだけたくさんのものを見ようとすると疲れるし、彼からも2人の時間をもっと大切にして欲しいと言われるけど、でもやっぱり見たい…(一応彼との時間は、基本的には私の中のプライオリティ第一位なんだけど…)。

展示会の後はSちゃんとPARADORINAでごはん。赤ワインとスペイン料理とお喋り、良かったです♪
[PR]



by my50109 | 2011-10-27 23:34 | work

国際 フラワー&エクステリアEXPO

10/14には実家に帰り、15SATは幕張メッセで行われていた 国際 エクステリアEXPOに行ってきました。f0084795_0441945.jpg
エクステリアは実際には関わることが無いけれど、広い知識として持っていたらいいな、と思ってお勉強。フラワーは、珍しい品種や、綺麗なラッピング関連がたくさん紹介されていて、観ていて楽しかったです。

帰りは三井アウトレットパークに寄り道。でも、まだまだ震災後の液状化現象の痕はそのままでした。f0084795_0461652.jpg
[PR]



by my50109 | 2011-10-24 00:38 | work

初めての女性主賓挨拶(ご参考まで)

土曜日に行われた部下(新婦)の結婚式で、初めて主賓挨拶なるものを担当しました。
30代前半女性で主賓なんて滅相もないですし、胃が痛くなるほど緊張しましたが、なんとか終了。

思い起こせば数ヶ月前に別の部下たちから「○○課長の主賓のあいさつはここがダメだった、あれがダメだった。変な笑いなんてとろうとしないで、普通に誉めてくれればいいのにね」と、主賓挨拶NG具体例を聞かされていましたので、「とにかく無難」を目指してやりきりました。(振り返れば、あれは遠回しのご指南以外の何物でもなかったと、感謝しています、笑)
本番の挨拶後、テーブルに着席したら別の部下から「王道でした」と評価いただけたので、失敗はなかったと思います。

原稿は、繰り返し繰り返し練習して、とにかく覚えました。実際、他の主賓の方々もカンニングペーパーは持っていらっしゃらなかったです。
これまではフルートの発表会で、「私は暗譜は苦手だからできないな」と避けてきましたが、それは本気度が足りなかったんだとわかりました(^^;
新郎新婦におめでとうと言う時は二人を見て、ご両家さまにお祝いを言う時は遠い親族テーブルを見て、また立っている新郎新婦に着席を進めることも忘れずに行いました。

ご祝儀は、「若いから、主賓でも3万円でいいんじゃないの?」というお話もありましたけれど、きちんと5万円包みました。後から主賓挨拶のお礼(時にお車代という名目で渡されることもあるらしい)として、新婦から1万円を頂きましたので、5万円包んで正解でした。

服装は、黒いミニ丈のドレスにしようと思いましたが、ショップ店員さんから「主賓は膝が隠れなければいけない。ご親族が何と思うかわからない。品格が何よりも重要」とアドバイスを頂き、ANAYIのブラウンベージュカラーのシルクワンピースにパールのネックレスを合わせ、ただし無難さを避けるためにEIZOの赤いエナメルのヒールを組み合わせました。f0084795_0505683.jpg
※ちなみにこれは、同じ時期に買ってなかなか履く機会が無いNine Westのサンダル(T_T)f0084795_0542397.jpg
髪とお化粧は、美容院にすべてお任せしましたが、髪型はいかにもパーティっぽいものにせず、編みこみにして最後に耳の脇で束ねてもらうクラシカルモダンのようなデザインにしてもらいました。

お式自体は、台風がとても心配されましたが、強風のみで雨が降らなかったため、外での記念撮影なども無事に出来、ゲストも全員揃い、本当に新郎新婦らしい素敵なお式で良かったです。

Sくん&Tちゃん、末永くお幸せに☆
[PR]



by my50109 | 2011-09-05 01:02 | work

優秀な部下を持って幸せです

人は同じようなサイクルで動くので、常に循環させていなければならないとはよく言われることですが、それを本当に実感しています。

今は人事とか査定結果連絡とかで部下全員と面談中。

うちはここ数年、人の出入りがあまりなく、会社内でも「人材に恵まれている」と言われる部署でしたが、今年は大きく人の動く年になりそうです。

私も、個人の希望と部署としての希望をどう調整しながら人事を計画していくか、結構真面目に考えています。
でも、実はこういう複雑な事象を考えて僅かな隙間を残しつつ、びっちり埋めていくプランを考えるのは好き。

ただ、一人で抱えるのではなく、仕事後に飲みながらうちの右腕左腕の才女たちに相談しました。
最初は動揺していたものの、最後は「全力で支えるって最初から決めてますから大丈夫!頑張ります。どんな困難も乗り越えましょう!」「やるしかないですし、何とかなりますよ!こんなこともいつか笑い話になるんでしょうね」という言葉が返ってきました。

うちの子たちは、本当にほんとうに優秀で頼りになって、掛け替えのない存在です。
私が課長をやっていられるのも、彼女たちだけでなく、うちの部下みんなが本当に素晴らしい存在だからこそ。

さて、今期の人事計画はやりがい十分なので、頑張りますよ!
[PR]



by my50109 | 2011-06-11 00:58 | work

上司報告@の坂

昨日、上司に結婚の報告をしました。

今週異動希望調査用紙が配られました。
結婚などの身上変化が予定されている場合には、用紙の該当欄に記入が必要になります。

上司には、こんな用紙で結婚を報告するのではなく、きちんと口頭でお伝えしたいという思いがありました。
それが筋だと思っているし、自分が筋を曲げれば、それは他の人からも筋の通らないことをされるんだと思っています。

ただ、私の報告が吉と出るか凶と出るか読めない状況だったので、場所は最善を尽くすべく、恵比寿の和食割烹の坂を選びました。

雰囲気は堅苦しくないけれど、お料理は絶品のこのお店は大成功で、舌の肥えた上司も大いに喜んでくれました。

頃合いを見てご報告すると、上司は私が結婚することも、その後も仕事を続けることもとても喜んでくれました。

週末婚というスタンスについて、初めは神妙な顔をしていた上司も、私の仕事に対しての気持ちを伝えると、理解し、後押しして下さりました。

上司の奥さまも、50歳を過ぎた今、消費者アドバイザーとしての日中働きながら、弁護士の資格を取るべく夜間大学院に通っているそうで、「女性といえども、独立できた方が良い」というのが上司の考えでした。

本当に色々と考えてくださった上司に改めて感謝の気持ちでいっぱいで、お話を聞きながら思わず涙がでました。

結婚が一年先と言ったら、「どうなるかわからないから、役員に報告するのはまだ待ちなさい」という的確なアドバイス?も頂き、さすがにいろいろな人を見てきている上司だと、更に尊敬いたしました(笑)
[PR]



by my50109 | 2011-06-09 00:47 | work

Yahoo! blogからのお引越し
by my50109
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

メモ帳

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧