soleil diary

カテゴリ:flower arrnagement( 10 )




flower arrangement(9) ~spring flower~

いよいよ期末、仕事も目白押し!結婚式の準備は後回し(っていうかいつやるんだ?)という状況です。

土曜日は、週明け月曜日のインターンシップ報告会に参加するために休日出勤するも、どうしても作ったブーケを友人のMちゃんの誕生日プレゼントにしたくて、仕事を抜け出しフラワーレッスンにいってきました。

今回のブーケは「春のお花で束ねるブーケ」です。

今回はこの花材を使います。f0084795_2246289.jpg
使用花材
・A チューリップ
・A ドラセナ
・B スイトピーパープル
・B スイトピー
・B パンジー
・B ユーカリ
・C ラナンキュララス
・C ガマズミ

まずは下処理。

ユーカリは下は20センチくらいあれば水につかるので、長いものは1本から2本とります。
(上がカットする前で、下がカットした後のユーカリです)f0084795_2325520.jpg
余分な葉っぱはむしります。むしらないと、葉が水につかり、水の濁りが早まり、結果花が細菌に侵かされ持ちが悪くなりますし、実際に花を組む時にも邪魔になります。

他の花も同様に、不要な葉っぱを処理。

下処理が終わったら、次は上記のアルファベットでまとめたグループを3つ作ります。

まずA。
チューリップは単体だとたわんでしまうので、ドラセナの中に絡ませて立体的に作る。(これが結構試行錯誤)f0084795_22501270.jpg
次にB群を同じような高さで上手くまとめ、最後にCをブーケの下部やサイドにあしらい完成。f0084795_2252646.jpg

いつもならここで終了するところですが、今回はお友達にプレゼントしたくて、ラッピングも実践しました。

ペーパーで包んでf0084795_2253025.jpg
フィルムで巻き(表から3,4か所セロハンテープで留めて、セロハンが後ろになるようにフィルムを回転させる)f0084795_22542834.jpg
手で絞ってf0084795_22544915.jpg
リボンをかけて完成です。f0084795_22552476.jpg
高貴で華やかで、それでいて野に咲く花の様な優しさを持つMちゃんにぴったりの花束になったと勝手に自己満足して、配送して頂きました。

翌日Mちゃんからも喜んでくれたメールを頂き、私も嬉しかったです。
[PR]



by my50109 | 2012-03-21 22:56 | flower arrnagement

t.et.cafe(恵比寿)とflower arrnagement ( 8 )

2/19日曜日は、大学からの友人のEちゃんと、広尾に新しくできたt.et.cafeでランチをしてから、今年初めてのflower arrnagement教室へ。f0084795_23531425.jpg
f0084795_23552965.jpg
f0084795_2356427.jpg
そして今回のレッスンは、plante à bulbes、春の球根を使ったアレンジメントです。

今回はこの花材を使います。f0084795_002651.jpg
使用花材と注意点
・球根植物(ヒヤシンス、ムスカリ)―ムスカリは不要な葉をハサミでカットしておく
・アジサイ(1/2)
・チューリップ(モンテスパイダー)―後からぐっと前に伸びるので、少し奥に挿して活けるのがポイント
・キルタンサス―茎が折れやすいので、セロテープで補強してから切って活ける
・マトリカリア―同上
・レースフラワー―広がっているのをきゅっと押して使う。エリア分けに有効
・サンデルシー―花下の黄色いひげの様なものは指でつまんで処理しておく
・ゼンマイ―少し見えてるくらいに出す。日にちがたつと伸びる
・エリンジューム―まとめて配するとバランスが良い
・アルビフローラ
・アカシア(ミモザ)
・ガマズミ
・アオモジ―時間がたつとつぼみが開いてスズランの様な可愛い花を付けるが、茶色い、、。

まず球根に竹串を挿して(かわいそうですが、、、1.5cmくらい)、オアシスに活けます。f0084795_0111563.jpg
次に今回は色でグルーピングを行うためにアジサイ、レースフラワーを入れて大まかなバランスを決めて、後は自然な野の花の世界が生まれるように少し高低差を付けながら、ランダムに活けていきます。

そして完成系。f0084795_0154784.jpg
今回はあまり先生から手直しを受けることもありませんでした。成長?

ちなみにこちらはアレンジメントから5日目の今日の写真ですが、ヒヤシンスは花が開き(良い香り)、アオモジは茶色いけれど可愛い花が咲き、f0084795_0243361.jpg
ゼンマイは伸びました、笑f0084795_024584.jpg
お教室の後は三井倶楽部で、会場葬花と写真の打合せ。

その後は11月に作ったクリスマスリースの壊れた部分を、自宅で修復しました。f0084795_021844.jpg
作成から3カ月近く経ちますが、まだまだ使えそうです。一度実家に持ち帰り、状態次第では今年のクリスマスにまた登場させようと思います。
[PR]



by my50109 | 2012-02-25 00:21 | flower arrnagement

flower arrangement(7) ~X'mas wreath~

11/26土曜日、秋はインテリアのイベントが多くてなかなか参加できなかったアレンジメント教室に、ようやく行くことができました。

お店にはリース用のドライモチーフが綺麗に置かれています。f0084795_2346506.jpg
f0084795_2347474.jpg
今回はこれらのナチュラル素材を使ったリース作りです。

今回はこの花材を使います。f0084795_23172152.jpg
使用土台
・サンゴミズキ(8本)・・・しならせて丸くする
・セッカンスギ

使用花材
・コットン(white)
・コットン(brown)
・オレンジ
・アンバーバーム(楓の実)
・ギンネムの実・・・リボンぽく見える。終盤にかけてつける。割れやすいので注意。
・サンキライの実
・ヒイラギ
・プルモサス・・・お花(リューカデンドロンの一種)
・バーゼリア
・ウクソ
・ベールナッツ

まずはサンゴミズキをしならせて丸くし、その丸に別のサンゴミズキを3回巻いていきます。これが結構力技ですが、力を入れ過ぎると枝が折れてしまうので、上手くしならせながら巻きつけていくことが大切です。f0084795_2351914.jpg
8本全て綺麗に巻きつけられたら、リースの土台からはみ出ている枝を切りますが、その時リースの表から見えないように、内側に小口が来るように切ることがポイントです。f0084795_23531111.jpg
土台が出来たら後はグルガン(ホットボンド)で花材を付けていけばOKですが、やっぱりこのデコレーション作業が楽しくて、あっという間に時間が経ってしまいました。

花材を付けるときのポイントは下記の通り。
・表面的(2D)につけるのではなく、サイドにつけたり、花材の上に花材を付けたりして、出来るだけ立体的(3D)になるように付ける
・花材の上に花材は付きにくいので、ボンドを付けたら2~3分手で押さえて圧着する。

そして完成品。f0084795_003095.jpg
この写真ではつぼみのプルモサスも、数日したら下のお手本作品のように、綺麗に開花しました。f0084795_021265.jpg
このリース、湿気に弱いので雨が直接当たるところはダメだそうですが(後、鳥が木の実を食べてしまう可能性も?)、そうでなければ1年くらい持つそうです。
[PR]



by my50109 | 2011-12-07 23:22 | flower arrnagement

flower arrangement(6) ~bouquet pour une soirée~

今日はたくさん寝ました。ほんとだったら、10時に起きたら部屋の片づけでもしたかったけれど、かなり無気力な午前午後を過ごし、17時からいつものpoint neufのレッスンへ。
多分、レッスンがなければそのままぼんやりと一日過ごしていた気がするので、予定があった良かったです、(^^;

今回はこの花材を使います。f0084795_131545.jpg
使用花材
・ダリア(ペアレディ) A
・ダリア A
・SPバラ(アローフォリーズ) B
・バラ(パーティーラナンキュラ) C
・トルコキキョウ B
・フロックス(ピンク) B
・ポリシャス(グリーン)B
・利休草 C
・ライステリア C

以前から使ってみたいと思っていたダリアが、今回初めて花材に加わりました。1本でインパクト大のダリアを2本も使えるのはとてもうれしい。
ただ、ダリアは持ちがあまり良くないそうです。バラよりも早くダメになってしまうとか。茎が太いし、菊に似ているから長持ちするのかと思っていたので悲しいです。(菊は長持ちです。)

まずは基本の花材処理(下葉処理、枝分け)をして、上記花材をABCでグルーピング。f0084795_1384557.jpg
花材の処理は手間がかかるけれど、きちんとやればストレスなく花束に組んでいけるので重要な作業。
また今回はブーケでなく縦ラインの花束なので、あまり茎を短くカットしない。

処理が終われば組んでいきます。

まず、SPバラを持ち、空いているところにポリ謝すやフロックスを入れて空間を埋める。f0084795_22839.jpg
花と花が直接当たると傷みやすいので、間にグリーンを入れると良い。

綺麗なライステリア。今回はダリアの下に入れて、ダリアの花を支えるのに使いました。f0084795_24671.jpg
組むのは完成。f0084795_253562.jpg
そしてラッピング。f0084795_262014.jpg
で、華やかなシーンに映えるパーティーブーケの完成。f0084795_283775.jpg
ピンク、ローズ、紫色を使った深みのあるカラーリングの花束は、これからの季節に赤ワインやチョコレートと一緒にプレゼントするにはぴったりです。

レッスン代
・8,400円

ポイント
・花の顔の向きを考えながらスパイラルで組む。
・折角の花が、花束の裏には行って死なないように、考えながら組む。

point nuefには相変わらず綺麗なお花が一杯。f0084795_2111852.jpg
f0084795_2113637.jpg
特にこのココアカラーの菊が渋くて素敵でした。f0084795_2121163.jpg
[PR]



by my50109 | 2011-09-18 02:12 | flower arrnagement

flower arrangement(5) ~blue&violet~

阿波踊りの後は広尾に戻ってpoint nuef 5回目のアレンジメント教室へ。
今回は寒色系の色を使ったアレンジ(blue&violet)を作ります。

今回はこの花材を使います。f0084795_2225642.jpg
先生のお手本(写真左)を横に並べて、最初に挿すりんどうの高さを調整。f0084795_2245617.jpg
で、こちらが完成系。f0084795_226915.jpg
先生のお手本より段差をきつくつけてオブジェっぽく作ってみました。
上から見たらこう。white~blue~violetのグラデーションが綺麗でした。f0084795_2283678.jpg
りんどうが晩夏から初秋を感じさせます。
ちなみにりんどうは群生せず、一本ずつ咲く姿から花言葉は「悲しんでいるあなたを愛する」といわれているそうですよ。メンタルクリニックの案件でも手掛けたときに、開院祝いでプレゼントしたらいいかも。

使用花材
・リンドウ(ブルー)
・リンドウ(パステルベル)
・アゲラタム
・ナデシコ(ラベンダー)
・アジサイ

レッスン代
・8,400円

ポイント
・リンドウ、アジサイ、ナデシコは色の悪い花はつまんで捨てる。
・リンドウの葉は花弁より大きいものをつまんで捨てる。
・アゲラタム、ナデシコ、アジサイの茎は柔らかいので、セロハンテープでアシストしてからカットし挿す。

作り方
1)オアシスの中心にリンドウを挿す(高低差を付けて、まずは高いものを中心に挿し、次にその周りに低いものを挿す)
2)アジサイを小分けにし、オアシスの四隅に挿すf0084795_2334673.jpg
3)紫陽花の間を残りの花で埋めていく
4)最後に離れてアレンジメントを回しながら全体のバランスを見て調整し、完成

ショップには綺麗で個性的なお花がたくさん。f0084795_2355416.jpg
この綺麗なケイトウは、一本ずつラッピングして、明日銀座の某ショップのイベントで来場者に配るそうです。f0084795_2365053.jpg
レッスン後は一緒に参加したEちゃんと、妹も合流して中華香彩 ジャスミン (JASMINE)でごはん。

次回のレッスンはbouquet pour une soirée(華やかなシーンに映えるパーティーブーケ)だそうで、こちらも楽しみ。
[PR]



by my50109 | 2011-08-28 02:40 | flower arrnagement

flower arrangement(4) ~couleur flashée~

備忘録(11/08/14writing)

7/16土曜日は☆オケの総会に出席した後にpoint nuef 4回目のアレンジメント教室へ。
今回は暖色系の色を使ったブーケ(yellow&orange)を作ります。

今回はこの花材を使います。f0084795_1931879.jpg
そしてこれが完成系。f0084795_1951669.jpg
使用花材
・チース(スターチス)・・・今回はグリーンの代わりに使う
・ピットスポルム(アイリーンパターソン)
・SP(スプレー)バラ(ムーンオレンジ)
・バラ(ベビーロマンチカ)
・マリーゴールド
・ヒマワリ

レッスン代
・8,400円

・時間
約2時間

ポイント
・チースはふわっとつくるとボリュームが出るが、今回はぎゅっとしっかり詰めて作る。
・チースはほっておいても綺麗なドライフラワーになる(実際その通り発色そのままに綺麗なドライフラワーになりました)
・マリーゴールドは花首が空洞なので、ぽきっと折れやすいため注意して扱う
・ヒマワリは花下の葉もすべて取る。ただし、葉を下に引っ張って取ろうとするとすじを持っていかれるので、横にずらすようにして取る。
・チースはしっかりと下処理と枝分けを行い、段差が無いようにまとめる。
・ブーケはスパイラルで組む。
・難しければ、オレンジとイエローを別々に作って、最後に合体させても良いが、どちらかの色にボリュームが偏らないように注意する。

完成しました。
こちらオレンジサイド。f0084795_19114980.jpg
こちらイエローサイドf0084795_19121425.jpg
翌日は彼の演奏会だったので、改めて水切りをして、花束としてラッピングしてプレゼントしました。f0084795_19131117.jpg
写真と同じだ!と言って彼も喜んでくれました。

今回はいつも一緒に行くEちゃんがお休みだったので、お教室の後は一人広尾散歩。
national AZABUと同じく広尾の明治屋でお買い物をして、ジュヴォー広尾店でケーキを購入。

national AZABUの2階のbulletin boardは相変わらずいっぱい。f0084795_19223492.jpg
中には「great domestic helper available full/part time」なんてのもたくさん。どれだけgreatなんだろう。お願いしてみたい、笑
[PR]



by my50109 | 2011-08-14 19:13 | flower arrnagement

flower arrangement(3) ~mass ligne~

訳あって6月末から全然更新できていないこのブログですが、記録として残す物は残さいないと。
このアレンジメントレッスンも、折角勉強しているのに忘れてしまいそうです。

というわけで、6/25土曜日point nuef3回目のアレンジメント教室は「mass ligne」。
今回はこの花材を使います。
f0084795_0484993.jpg
先生の完成系。
f0084795_0515373.jpg
上から見た私の完成系(・ミスカンサスの輪っかの方が小ぶり過ぎてわからず。反省)f0084795_0544046.jpg
使用花材
・ケイトウ(鶏頭)
・ミスカンサス
・カラー
・スターチス(スプレー咲き)
・バブリア(一重のものと八重のものがある)
・アンスリウム(赤色など色々あり、葉っぱのように使う。持ちが良い)
・ゲーラックス(持ちの良い葉)

レッスン代
・8,400円

ポイント
・下葉処理をしっかり行う
・下葉処理―ブーケ作りで一番重要な作業。早くブーケを組むためにも大切。要らない余分な葉茎を取る。余分な葉が水に浸かると細菌を増殖させ水の汚れを加速させるし、ガラスに入れた時の見た目も悪くなる。
・スターチスの下葉処理は、手の下くらいまでの葉を落とし、長/中/短いものに分ける(短いものは仕上げ用に使う)
↓下葉処理と枝分け(ばらし作業)が終わったスターチスとブバリアf0084795_175013.jpg
作り方
下処理を行う。(下葉処理/形に合わない花を落とす/出ている節やバラの場合はとげを落とす←花束を組み直すときに、引っかかって邪魔になるから)
1)ケイトウ、ブバリア、スターチスを使って3つの塊を作る。
2)その塊をスパイラル※に組んでいく
※螺旋を組んで作る(ラウンドブーケのための組み方)。逆はパラレル(まっすぐ組む。ストレートブーケ。長く大きい花束のための組み方。)
3)フロント(正面)を決める
4)カラーとミスカンサスを加える
5)残り(仕上げ用)のスターチスを使って丸い形のブーケに仕上げていく
6)アンスリウム、ゲーラックスを底部に加える
7)残りのゲーラックスを加えて巻く。(入れる位置は自分の手前から)
8)残りの花で丸くなるように最終調整(ケイトウの種げでてくる部分が気持ち悪いという人もいるので、そこをスターチスなどでうまく隠してやると良い)
9)麻ひもで縛って完成

ラッピングf0084795_1191225.jpg
f0084795_1192537.jpg

レッスン終了後はEちゃんと広尾の白金Baruへ。f0084795_1235689.jpg
恋ばなで盛り上がり、Eちゃんは彼に会うため今アメリカに。頑張れEちゃん!
[PR]



by my50109 | 2011-07-19 01:22 | flower arrnagement

flower arrangement(2) ~green gradation~

5/14土曜日は広尾のpoint nuef2回目のアレンジメント教室に参加してきました。

綺麗なお花がお洒落に置かれているpoint nuefさん。f0084795_23411351.jpg
今回は紫陽花をメインに使ったグリーンカラーのグラデーションで作ったアレンジメント。
同系色なので楽勝と思いきや、サイズや茎の扱いに癖のある花材が多くて苦戦しました。

この花材+αを使います。f0084795_23385256.jpg
出来ました。上から見るとOKですが、、f0084795_2342786.jpg
横から見ると、見事にボリュームのあるアジサイ側にバランスがずれています、、、f0084795_23441567.jpg
というわけで、翌日(今さっき)一度全て花材を抜いて、オアシスをひっくり返してやり直してみました。
すこしはバランスが直ったかな。f0084795_23455763.jpg
一日経つとビバーナムが痛み始めたので、花が咲き始めたオーニソガラム(白い花が咲いているもの)を表に多く持ってきたら、瑞々しいアレンジになりました。

使用花材

・アジサイ
・オーニソガラム、、、先がとがっているもの
・ブバリア
・セダム(弁慶草)
・ビバーナム(スノーボール、オオデマリ)
・バラ(レモネード)
・ヒマワリ
・百日草
・ゼラニウム

レッスン代

・8,400円、、、花材、花器込み

ポイント

・大きなアジサイを使うのでサイジングを失敗しやすいので注意
 (アジサイに合わせて全体が大きくなりすぎてしまう。そうなると花材が増え、予算オーバーに)
・面の大きい花(まずはアジサイ)を最初全体にバランス良く配置して、その間を小花で埋めていく
・メカニカルフォーカスポイント(中心の1点)から放射線状に作る
・太い茎のものが多く刺し辛い
・アジサイは花の房を組み替えて、形を変えてもOK。ただし折れやすいので注意しながら行う
・アジサイは茎をカットしたら、茎の中の白い綿を挟みの先でえぐりだすと水の引き上げが良くなり長持ちする
・アジサイやバラなど節が太いものは、鋏の先で削ってから刺した方がオアhシスに入りやすい
・ビバーナムは頭が重く垂れやすいので、下にしっかりとした葉物を入れて支えてやる
・百日草は長持ちするが、中が空洞なので、パリッと縦に折れやすいので刺す時に注意。
 (セロテープで補強してもよい)f0084795_2356307.jpg
レッスン2回目は前回より早いテンポで仕上げることができました。今回は自宅で復習もしたし良い感じ?
[PR]



by my50109 | 2011-05-15 23:57 | flower arrnagement

初めてのアレンジメント~母の日の為のおすすめアレンジメント~

これがf0084795_1491588.jpg
こうなる↓
横図f0084795_1353997.jpg
真上図f0084795_1401536.jpg
使用花材

・バラ(ピアノ)、、、アフリカから来たバラ。アフリカは日照時間が長いので大きな花が咲くそうです。
・スプレーバラ(ラディッシュ)
・ブバリア(2種類)
・マム(菊)、、、最近の菊は品種改良され、一見ダリアに見えるようなものもあります。
・セダム、、、弁慶草。持ちが良い。
・カーネーション(バイパーワイン)、、、写真に見える紫のカーネーション
・カーネーション(ベラエポック)、、、白っぽいカーネーション
・ポリシャス、、、イタリアンパセリみたいなグリーン

レッスン代

・8,400円、、、花材、花器込み

ポイント

・オアシスにペン先や指先などで十字に線を入れる。
・まずはカーネーションやバラなど、大きい花からオアシスに刺し、ぼんやりとした丸いアウトラインを作る。
・言ってんから放射線状に作ると綺麗に作れる。
・色や花のサイズを散らして、全体的にバランスをとる。
・あまり長く茎を残すと、オアシスの中で茎が喧嘩をする。
・同じところに刺すと、茎の切り口に水が当たらなくなるのでだめ。(たくさん刺してしまった場合は、一度全て花を抜いて、オアシスをひっくり返して使う。
・使用する花材の量を考えてボリュームを作る。

初回のレッスン、難しかったです!
友人と、もっと簡単だと思ってたよね、と言いながら四苦八苦して、先生からたくさんアドバイスを頂きながら作りました。正味約1時間強。

去年の夏にプリザーブドをやりましたが(その時の記事 http://my50109.exblog.jp/14417561/)、今回の方が使用する花材が多かったせいか、先生のお手本(同じもの)があったにも関わらず大変でした。

でも、色の組み合わせや配置を考えながら作り上げる作業は、普段やっているインテリアの仕事をすごく近いものを感じました。あと、後片付けがプレゼンボード作った後とそっくりでした。

いつか仕事に活用したいと先生にはお伝えしていましたので、先生からは「これくらいできたら十分です」と言っていただけたけれど、材料費だけでも結構しているので、これでお金をもらうためには相当スキルアップさせて時間短縮しないとコストも合わなくて難しいぞ。

次のレッスンも頑張ろう!
[PR]



by my50109 | 2011-04-25 01:47 | flower arrnagement

初めてのプリザーブドフラワー

8/12(お盆休み初日)は、職場の先輩(Oさん)が退職後に始められた
プリザーブドフワラーのお教室に、もう一人の先輩(Wさん)と行ってきました。

プリザーブドフラワーはまさに初めてでしたが、
Oさんが優しく分かりやすく教えてくださったので、
みんなでお喋りをしながら、楽しく作り事ができました。

事前に色々と(というかかなり)作りたいイメージやお花の指定を
することができたので、仕上がりも大満足です。

こちらがお教室風景。
たくさんのお花やお道具が並んでいます。
f0084795_0371531.jpg
最初に使用予定のお花を置いて、完成形をなんとなくイメージします。f0084795_0391242.jpg
今回は、私の模様替えした夏バージョンの白い部屋に合うように、
ホワイトとグリーンですっきりとまとめたアレンジを目指します。

そして、お花をアレンジできるように、ワイヤーを使って茎を作ります。f0084795_0461484.jpg
テーピングをするとできあがり。
これを使用するほぼ全ての材料にやっていきます。f0084795_048956.jpg
材料の準備がほぼそろったら、今度は実際に生けこんでいきます。
f0084795_0493589.jpg
最後にリボンをつけたり、全体を見ながら調整をして、f0084795_0511961.jpg
これで完成です!
f0084795_0514157.jpg
使用したお花は、シンビジュームをメインに、カラーや紫陽花、
ブルーベリーやアイビーの仲間の葉っぱたちです。

ちなみにこちらはWさんの完成版。
秋らしい、落ち着いた大人の女性、なアレンジです。f0084795_0531854.jpg
最後はお茶をしながらまだまだお喋り。
f0084795_056570.jpg
そして、Wさんは今アクセサリーを作っていて、
Oさんのリクエストに応じて、ネックレスを作って渡されていました。f0084795_0583854.jpg
しかも、さまざまな組み合わせが楽しめるようになっていてすごいです。f0084795_059877.jpg
お教室の後は、Wさんとロッテホテルのラウンジでお茶&お食事。
人生相談をさせていただきました。
ありがとうございました。すごく参考になりました!f0084795_103190.jpg
ロッテなので、コアラのマーチがトッピングされています。

あらためて、初めての分際で何度も、そして長々と要望を伝えたにも関わらず、
それに見事に応えてくださったOさん、本当にありがとうございました(^^)/
f0084795_153526.jpg
[PR]



by my50109 | 2010-08-18 01:00 | flower arrnagement

Yahoo! blogからのお引越し
by my50109
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

メモ帳

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧