soleil diary

<   2006年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧




旅行計画④~旅先決定~

欧州・カナダは、例え1都市滞在にしても6日は短い。
(しかもユーロは今とても高い)

モルジブや、タヒチなどは旅行代金自体高いし
6日ではちょっと短いとのアドバイスも参考にしました。

というわけで、結局バリのRitzに落ち着きました。

母親はタイで遺跡三昧を押していましたが、
ここは当初の目的通り、ホテル&ビーチでのんびりしようと思います。

数ある読み物の中で、今回最も参考になった本は
地球の歩き方の世界のビーチ&リゾートです。
f0084795_1163747.jpg
世界中の魅力的なビーチとそのホテルが、美しい写真とともにたっぷり紹介されています。

また写真集として完成度が高いのは、
三好和義楽園全集―RAKUEN THE COLLECTED WORKS
f0084795_1162380.jpg
¥ 4,410 (税込み) とちょっと高いのですが、見ているだけで溜め息のでる
本当に素敵な素敵な写真集です。

この2冊の表紙をみているだけで、きれいなビーチに出かけたくなるでしょう?♪
[PR]



by my50109 | 2006-08-31 01:17 | travel

旅行計画③~6日もあるけれど~

さて、いざ6日休めるとなると、
逆になんだかBaliじゃ長すぎるんじゃないかしら、
と思い始めるわがまま病。

ちなみに一緒に行く彼は、Ritzの隣のInterContinentalに
2001年3週間バカンスしていたこともあって、
ますます他の行き先を考えたくなってきました。
(一応本人はbaliでいいと言っていますが)

と、いうわけで、今度は別の旅行会社へ。
(なんとなくこれまでの旅行会社に行くのが悪い気がして。 
 折角頑張ってbali&ritzを予約してくれたのですから。)

なんだか、6日もあればMaldivesとかNewCaledoniaとか
Hawaiiの島々とか行けちゃいそうじゃないですか?

頑張ればもっと遠くにも??
パリにいる友達に会ってランチもしたいし、
久しぶりにフィレンツェの街も歩きたくなってきたし、
そういえば去年のGWに行ったカナダも、10月に行ったら
すごく素敵な紅葉が見れるんじゃないかしら!とかとかとか。

あ~~~、考え出したらきりがな~~~い。

旅行の目的をクリアにして、よく考えないと。

この旅行計画をしているせいで、実はすっかり睡眠不足です(笑)

毎日のように代理店に行ったり、本屋さんに行ったり、ネットや
パンフレットをみて考えているせいで、睡眠時間は毎晩4時間。

たっぷり詰め込んだ知識で、今なら各国の雨季やら乾季やら
各飛行機会社のフライトスケジュールやら、めぼしいホテルの情報やら
大抵のことは答えられます(笑)

転職するならインテリアをやめて、お給料は安そうですが、
旅行会社のカウンター業務なんかあってるかな~、と時々思います。
f0084795_1145597.jpg

[PR]



by my50109 | 2006-08-30 01:16 | travel

旅行計画②~有休をもう1日~

Fijiは海がとてもきれいだけれど、flight scheduleにホテル
そして料金を考えるとやっぱりちょっと。う~ん、どうしよう。
折角のお休みなんだから、良い代替策を考えなくちゃいけないのに(>_<)

今朝ラジオでは
「お盆休みが明けた今頃から、今度は秋の連休に絡めた旅行商戦に入りました。」
って言ってましたけれど、はっきり言って10月の連休絡みの旅行は
今からじゃ間に合わないですよ!

旅先を代えるにしても、10月5~9日の旅行は帰国が3連休の最終日にあたるため、
エアーを取るのが難しい。そこで、意を決して上司に相談しました。
「今年度(3/31まで)は、もう有休をとらないので、
 もう1日だけ、有休をいただくことはできないでしょうか。」

ちょっと「ピキっ」てなってましたが、くれました!
相談してみるものですね~!!!本当に良かった!!!

正直言うと、有給なんて40日近く余っているので、
別でまた取ってもいいじゃない、と思いますが、
それがそう簡単にできないのがうちの最悪な社風です。

急いであの旅行代理店のお姉さんに連絡して、
10/5~10でエアーとRitzを調整してもらいます。

今度は無事に取ってくれました!
[PR]



by my50109 | 2006-08-30 00:42 | travel

旅行計画①~日程間違い!~

1日少ない夏休みが明けて早10日強。

その1日と有休を1日、10月の3連休にプラスして、
バリのRitzに行く計画をしていたのに、
していたのに、していたのに、、、、

代理店のお姉さんが、帰国を一日間違えていたの(>_<)

でも、悪いのはお姉さんだけじゃなくて、
私もちゃんと確認しなかったのが悪いし、
文句言っても飛行機はいっぱいだし、

もう、もう、もう、、、、仕方がないから別の渡航先を
お姉さんと二人で一生懸命探しました。

お休みは10/5~9。プーケット、セブ、ベトナムなどなど
どうしても連休最後にあたる帰国便が取れません。

ようやくパラオが取れたけれど、グアムからの乗り継ぎが悪く、
グアムのすぐ近くなのに、値段が高いのが気に入りません。

(バリは11,5万円。パラオは16,5万円)

次にランカウイはエアーが取れたけれど、めぼしいホテルは
空室がありません。しかも乗り換えが面倒。

仕方なくオセアニアに目を向け、5日で行けそうなフィジーにトライ。

一応取れました。

Sheratonで16万円。

一応直行便だけれど。。。。

バリ気分がやっぱり抜けないし、
フィジーだと成田を5日の夜発の朝着だから、疲れそうだし。。。
(バリは午前発の夕方着)

じゃぁこの際国内で!
沖縄か石垣島はどうでしょう?

―って、国内のほうが取れませんでした。
今度はホテルが取れないんです。
国内は3連休で旅行するにはちょうどいいからですね。

ここはリスケか。。。うーん。

後はwaiting listに期待を寄せて。。。。(涙)
[PR]



by my50109 | 2006-08-28 23:24 | travel

会社の先輩方といのこやへ(六本木一丁目駅直結)

日曜日の夜は、アークで働く先輩方といのこやでご飯を食べました。

ここは北海道すすきのに本店がある、豚料理の専門店です。

落ち着いたモダン内装の店内で、
北海道の直営牧場で育った豚を楽しむことができます。

お勧めは豚しゃぶ、そして岩塩で食べる豚バラ炙り寿司です。
豚しゃぶはお野菜が沢山食べれてヘルシーですし、
最後に残ったお出汁にご飯かラーメンを入れると、さらに満足感が得られます。

南北線六本木一丁目駅直結の泉ガーデン内なので便利だと思いますが、
新しく渋谷にもお店が出来たようです。でもそちらは駅から歩きそう。

私たちは7時から食べていたので、いのこやを後にしてもまだ10時前。
折角だからお茶でもしようということになったのですが、
あの辺りは完全なオフィス街なので、土日の夜はやたらと終わるのが早く、
アークヒルズのauxbacchanalesでさえ10時がラストオーダーです。
仕方ないので隣りのAHAホテルでお茶をすることにしました。
これが青山とからなら夜お茶にも困らないんですけれど。
[PR]



by my50109 | 2006-08-27 23:45 | restaurant

お手紙の御返事が来ました

f0084795_0573098.jpg
夏休み前、手紙を書くとこのブログに書きましたが、
年末年始にナポリで知り合った方にメールを書いたら、
なんと御返事を頂戴することが出来ました。

「残暑お見舞い申し上げます。
 メールをありがとうございます。
 しばらく留守して、久しぶりにメールを見ました。
 びっくりし、うれしく読みました。(以下略)」

お互いの近況報告で終わりましたが、
相手の方も私の突然のメールを喜んで下さったようで、嬉しく感じました。

まだまだ手紙を書きたい相手は沢山いますが、
一つ一つ書いていきたいです。

写真は、夏休みに行った祖母の家の近くの海岸です。
妹が今日、転送してくれました。
千葉の海も悪くないみたいですよ☆
[PR]



by my50109 | 2006-08-23 01:05 | travel

大学OBオケのメンバーと

土曜日は17:30~西新宿で、大学OBオケのメンバー(有志)と暑気払い。

集まったメンバーは、三浦先生を含む14人。
上は45歳から、下は大学4年の22歳までが、
一緒にわいわい終電までお酒を飲めるのですから、
それはそれで素晴らしいことだと思います。

次回の演奏会の曲や、指揮者など大切なことを
色々話していたと思いますが、
一番インパクトに残っているのは、やっぱり
Mさん(男性)が大学1年生のときに小父様に襲われかけた話です。

***

Mさんは、ある日の夜、小父様に家に遊びに来るよう言われます。

一緒にドンファン※を聴く二人。(※モーツァルトのオペラ)

小父様はいいます。

「お風呂に入っていきなさい。」

まだ何も知らないうぶなMさんは、言われるまま入ります。(普通は入らないと思う)

お風呂に入っていると、突然小父様も入ってきます。

Mさんの体を洗い出す小父様。

まだ何も知らないうぶなMさんは、「なんだかおかしいな」と感じながらも
「これが男の裸の付き合いってものかな」と思ったそうです。(へん)

さて、お風呂から上がると、小父様は再びMさんに言います。

「今日は泊まっていきなさい。」

普通は帰ると思いますが、まだ何も知らないうぶなMさんは泊まります。

小父様は、Mさんが受け入れてくれたと思ったのでしょう。
そう思ってしまったのも仕方がないかもしれません。

布団に入り眠るMさん。

すると戸が開き、小父様がMさんの布団に入ってきます。

Mさんの体を触りだす小父様。

まだ何も知らないうぶなMさんも、さすがに事の重大性に気がつきます。

Mさんは慌てて布団から出て、逃げて帰ったそうです。

***

怖いですねぇ。

先生は補足してくださいます。

「クラシック界は、そういう人が多いんだよね。
 あの○○さんや△△さん(世界で活躍する有名指揮者)も
 若いときお尻を触らせてチャンスをつかんできたんだよ。
 なんていうのかな、お互いの希望をそれで叶えあってさ」

本当に怖い世界ですねぇ。。。
[PR]



by my50109 | 2006-08-20 16:37 | flute

宵の口(赤坂)

金曜日は、彼と彼のところにマニラから研修に来ている女性と
3人でご飯を食べました。
硬くないイメージの和食やさんが希望ということなので、赤坂にある「宵の口」へ。
ここは、天皇家にも帯をお届けしたことがあるという
「結帯本家喜寅屋」の建物を改装したところです。
建物には小さな中庭があって、私たちはその中庭に面した和室に
席を用意していただきました。
畳張りですが、掘り机になっているので正座が苦手な外人さんでも大丈夫です。
建物全体のイメージはくすんでいて、天井も低く、私の祖父の家のようでした。
(ちなみに赤坂の和食といってもここはそう高くありません。
 コースで4,500円~あります。特に和室の席料も取られません。)

ここは鳥のお店ですが、二人とも生の鳥肉でも
ポン酢と一緒にさらっと食べていました。
箸の使い方も上手です。
ただ、お茶漬けを「ずずっ」と音を立てて食べることにはとても抵抗があるようで、
それについては最後まで静かに食べていました。

彼女いわく、日本にきて驚いたのは、マックのようなファーストフードでの
ごみ分別ということです。

マニラでもイギリスでも、FFで自分ではごみを下げないし、
ましてやあんな大規模な(?)な分別はないそうです。
確かにアメリカでもごみは何でも一緒だったような・・・
いやいや、それは地球に良くないですよ!
[PR]



by my50109 | 2006-08-13 11:36 | restaurant

Yahoo! blogからのお引越し
by my50109
プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧