soleil diary

<   2007年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧




GRAND CENTRAL OYSTER BAR&RESTAURANT@品川アトレ

月曜日は品川駅直結のアトレに入っている
GRAND CENTRAL OYSTER BAR&RESTAURANT
で友人達と牡蠣三昧でした。

ここはニューヨーク・マンハッタンの玄関口
“グランド・セントラル・ステーション”駅構内の
老舗オイスター・バーの第2号店です。

3年前にオープンしてから行ってみたいと思いながらも
なかなか予約が取れず諦めていました。

f0084795_23514098.jpg早速生牡蠣を頂きます。
写真の5つの牡蠣はみんな出身が違います。写真奥の3つはニュージーランド、次がタスマニア、最後がオーストラリアです。
牡蠣は牡蠣、そんなに地域によって味なんて違わないんじゃない、と思っていましたがそれは大間違い。
最初に食べた牡蠣(NZ)はすごく海水っぽさが残る塩気の強い味でしたが、次に食べた牡蠣(オーストラリア)は全然塩気は無く、とてもマイルドな味でした。

f0084795_23594325.jpgf0084795_23595573.jpg
次いでサラダにカキフライ。
実はこのカキフライも衣の味付けが3種類。
ノーマルとカリー風味、そしてくるみと異なります。
サラダのドレッシングはブルーチーズだったかな。
でも全然臭みとか食べにくさがありませんでした。

f0084795_0331100.jpgこのグラタンはボリューム満点でした。
味付けもしっかりしていましたが美味しかったな。


f0084795_05386.jpgもちろん最後にはデザートも。
私はくるみのタルトにしました。
くるみたっぷりの温かいタルトの上にバニラアイスとハニーシロップがかかっています。
それなのに甘すぎず香ばしくてかなりGOODです。

帰りも駅直結なのでスムーズです。

昨日は久しぶりに会えて嬉しかったせいか、
ついつい私も喋りすぎました(笑)
是非東の会をまたやりましょう(^^)
[PR]



by my50109 | 2007-01-31 00:12 | restaurant

TWENTY EIGHT(CONRAD)@汐留

新橋のカウンターで散々もつ鍋を食べた後、
これで帰るかと思えば全然帰ろうとしないのが残り2名。

では折角なのでCONRADホテルのbarに行ってみよう、ということに。
運用が上手くいっていたら、今頃はメインダイニングだったのにね。
f0084795_2015174.jpg
ここはホテルの28F(ロビー階)にあります。
落ち着いた雰囲気、綺麗な夜景、そして目の前では生演奏。
今までの地下のもつ鍋屋さんとはまさに別世界です。
f0084795_20155133.jpg
シャンパン好きのVさんが、ルイロデレーヌをボトルで注文。
ルイドレーヌは市価で4,500円くらいだそうですが、
ここでは15,000円。
それにカバーチャージが1,800円。
ん?これってさっきのもつ鍋屋さんの会計を優に超えてやいませんか。

とりあえず乾杯です。
f0084795_2016286.jpg
去年はマンダリンのメインダイニング、
今年はコンラッドのバー。
来年は、、、リッツのメインダイニングになりますように☆
[PR]



by my50109 | 2007-01-28 20:16 | restaurant

もつ鍋「がんこ」@新橋

金曜日は友人と新橋のもつ鍋「がんこ」に行きました。
※港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館 B1F
  03-3571-7803 

私は2ヶ月間ほど福岡に出張していた時に、
おいしいもつ鍋を沢山食べたので、実はもつ鍋にはうるさいです。

「甘くないもつ鍋が食べたい」とお願いしたら、
ちゃんと甘くない美味しいもつ鍋屋さんを予約してくれました。
f0084795_23542747.jpg
こう見えてもこのお店は、12月発売の大人の週末で
第6位にランクされた有名店ということです。

流石に舌の肥えた友人が選んでくれたもつ鍋は、美味しかったです。
スープも辛口で良かった。
f0084795_23544429.jpg
f0084795_23545696.jpg
鍋物は、野菜が楽に沢山食べれるからいいですね。
鍋から溢れていたキャベツも時間がたてばこの通り。
スープの味が良くしみこんだこの柔らかいキャベツは
いくらでも食べれそうでした。

もつ鍋以外にもユッケや酢もつなどを食べましたが、
私の一押しはこの「がんこやっこ」です。
f0084795_23555178.jpg
お豆腐の上に、サラダと海苔、そして以下の塩辛が乗っています。
この塩辛がお豆腐ととっても良く合っていました。

最後はちゃんぽん麺でもちろん締めます。
本とお腹が一杯です。

美味しいお店を選んでくれたVさん、ありがとうございました♡
[PR]



by my50109 | 2007-01-27 23:55 | restaurant

IN HER SHOES

またもや靴ネタですが、日曜日の夜はIN HER SHOEのDVDを見ました。

途中、「週末婚」を思わせるほどの不仲な姉妹っぷりでしたが、
最後はいい感じで終わってよかったです。

この映画は「面白かった」と「そうでもないんじゃない」に
きっぱり分かれていましたね。

女兄弟がいる女の子は、共感できるかもしれないけれど、
一人っ子とかにはきっと分からないんじゃないだろうか。

でもって、そこでキャメロンディアスが沢山のかわいい素敵な靴を
履きまくるのですが、ほんっといい!
すらりと伸びた綺麗な脚とかわいい靴が最高でした。

後は、「自分はスタイルが良くないから素敵な服が似合わないけど、
靴はそんな私でも履けるから買うの」
みたいなお姉さんのセリフが印象的。

ちなみに最近見たDVD、「博士の愛した数学」
期待したほどではなかったです。残念。
私は読んでいませんが、本の方が絶対にいいみたいですね。
でも、数学のロマンとか、面白さが感じられて良かった。
中学1,2年生くらいにあの映画を見せたら、みんな数学に
関心を持つんではなかろうか、と思いました。

「inside man」は面白かった~。
じっと耐えて、最後に「!」の映画でした。
[PR]



by my50109 | 2007-01-23 00:57 | film & concert

本番前に切迫流産

2月3日は演奏会ですが、フルートパートの1人が
切迫流産になってしまいました。

というわけで、私ともう一人で急遽本番の代役をやることとなりました。

私が担当するのはチャイコの「ロメオとジュリエット」のピッコロ。

大学オケで一度はやりそうな曲ですが、
実は全く知りません。ははは。

楽譜もまだ手元なく、、、、
練習は後2回しかないのに大丈夫なのかしら。

というわけで、本番は全曲のりとなってしまいました。
ロメジュリは中プロですが、間違いなく青い顔をしていると思います。
(しかも前日は名古屋出張で、本番当日の午前中に東京戻り予定だし。)

※切迫流産
妊娠中に流産の症状が合併した状態を切迫流産と言います。
赤ちゃんは子宮の中に生きていて、流産が進行していることではありません。
[PR]



by my50109 | 2007-01-21 16:23 | flute

ラ・ベットラ ペル トゥッティで新年会@日本橋

f0084795_23311356.jpg金曜日は、友人達と日本橋三井タワー地下1階のラ・ベットラ ペル トゥッティで新年会でした。
銀座の「ラ・ベットラ ダ オチアイ」からのれん分けして生まれた姉妹店です。
駅直結で便利だし、味も良かったです。
そのせいか、予約を取るのはなかなか難しい様子。
取ってくれた友人に感謝です。

f0084795_23313377.jpgお食事の後は上にあるマンダリンオリエンタルホテルのオリエンタルラウンジで、終電近くまで友人達とお茶を飲みながらおしゃべりをしました。
ビルの最上階(38F)からの夜景は相変わらず綺麗でした。
シガーセラーもあり、ときどきふわっとシガーの香りが漂ってくる、
落ち着いた場所でした。

今回は学生時代からの友人(女子4人)だったので、
お化粧のことや、恋愛結婚出産、おいしいお店、流行の映画や本、
ゴシップなどなど、かなり女の子ネタで盛り上がりました☆
[PR]



by my50109 | 2007-01-13 23:34 | restaurant

目黒で演奏会

今日、丸ビルに行ったら1階の特設スペースに
小さいながらもアイスリンクができていました。
まおちゃんは流石に滑っていませんでしたが、
子供たちが元気に滑っていましたよ。

さて、新年早々に演奏会のお知らせです。
ご興味ある方ご連絡ください。チケットご用意いたします☆

♪OB交響楽団第165回定期演奏会♪

日時 : 2007年 2月 3日(土) 18:30開演
場所 : めぐろパーシモン 大ホール
指揮 : 田代 詞生
曲目 : サンサーンス 交響詩「死の舞踏」 op.40
     チャイコフスキー 幻想序曲「ロメオとジュリエット」
     プロコフィエフ 交響曲第5番変ロ長調 op.100

ちなみに私は死の舞踏のトップとプロコのピッコロという
なんとも楽しい乗り番です。
(開始早々に出番が終わるという説もありますが。。。)
[PR]



by my50109 | 2007-01-04 22:24 | film & concert

岩城宏之追悼コンサートに行ってきました

友人に誘われ行った追悼コンサート、すごかったです。
なにがすごかったって、まず席が「1階・1列・14番」。
そう、コンマスの真下です。

な、なぜ、、、S席(2万円)なのに、1列目、、、。
指揮者ファンかバイオリンファンくらいしか座らないオタク席、、、。

「・・・この席Wちゃんが決めたの?」
「もちろん!」

ううう、、、そうですか、、、、1列目で10時間、、、、
ベートーヴェン1~9番、全部、、、、

バイオリンの靴がよく見えます。(綺麗じゃないと恥ずかしい)
音は、、、、弦楽器の音が良く聞こえます、、、、。
f0084795_19104741.jpg

もうこうなったら指揮者とか満喫するしかありません!
なにせ9人の一流指揮者が入れ替わり立ち代り振るんですから、
かなり各自の指揮癖を学べて、飲み会のネタにできるはずです。

さて、会場は開始早々からほぼ満席状態でした。
こんな長丁場なのに、ご高齢の方も多い。
ちなみに演奏者は比較的若い男性が多かったです。(体力的な問題だとか)

曲と指揮者の組み合わせは、

1番・・・下野竜也
2番・・・岩村力
(15分休憩)
3番(エロイカ)・・・大友直人
(15分休憩)
4番・・・高関健
5番(運命)・・・井上道義
(60分休憩)
6番(田園)・・・秋山和慶
(30分休憩)
7番・・・小林研一郎
8番・・・ジャン=ピエール・ヴァレーズ
(30分休憩)
9番(合唱付き)・・・外山雄三

さて、この組み合わせ、どうやって決まったか分かりますか?
クジ?ジャンケン?イメージ??
名前を上からよく見てください。そう、これは単に年齢順だそうです。

15:30、第1番タクトダウン。
これは何度かやったことがあるので良く分かります。
1楽章の終わり、1stVn2プル裏、音が残りましたね。
その瞬間顔をしかめちゃって、プロだとミスしても顔になんて出さないかと思いきや、
私の方がしらを切るのが得意ですわ、おほほほほほ。

交響曲、2つも聴けばおなか一杯かと思いきや、結構いけます。

第5番(運命)。
ジャジャジャ ジャ~~~~~ン!!!
で始まる超有名曲。井上さんは派手ですね~。
でも凄い気迫で、後頭部の血管切れそうだし、あの血走る目は鬼気迫るものでした。
ほんと、客席でも怖かったです。

19:30~のご飯休憩は1時間しかありません。
次の曲は去年自分が1番を吹いた田園なので絶対に聞きたい。
というわけで年越しそばを探す余裕も無く、坂を下ってすぐの過門禾で。

20:30、第6番(田園)タクトダウン。
う~ん、食後にこの1楽章のメロディは非常に心地よいです。
よく出来たプログラムです。
(ちなみに、ホワイエではデンエンというお酒が振舞われていました)

そしてコバケンの第7番。
これが、今考えれば肝だったと思います。

冒頭、、、「ウニャウニャウニャ!!!!」(と見える指揮)
「オケ、これでなぜ入れる!!!????」

いやいや、最高です。本当に。同じオケなのに、全然ちがう。
1stVnなんてみんな身を乗り出してノリノリで弾いてるし。

7番も夏にやったけれど、こんな曲だったか、と思う位違います。
特に2楽章。まさに葬送行進曲を感じさせる重圧な響き。
嗚呼、これがコバケンなのね、、、
指揮者って、すごい仕事なんだ、、、と改めて考えさせられました。

でっ、もっ。

このコバケンにオケもお客さんも、残していた精気を全て奪われてしまったようです。

8番、、、く、、、苦しい、、、

9番、EUの国歌(国なのか?)に制定されたそうです
、、、これで最後よ、これで、、、、、

午前1時終演。
終わるや否や、演奏者はみんな「御疲れさま!」と固い握手をされていました。

うん、楽しかったです。
苦しかったけど、席が面白かったせいか、
私も1度も寝ることなく全曲聴くことができました。
友人も3番の1楽章だけしか寝てませんでした(優秀です!)

それでは、こちらも長くなりましたが以上です。
ご清読ありがとうございました♪♪♪
[PR]



by my50109 | 2007-01-01 18:53 | flute

Yahoo! blogからのお引越し
by my50109
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

メモ帳

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧