soleil diary

<   2007年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧




パッド交換が仕上がりました

3月6日に依頼したフルートのパッド交換が仕上がり、今日受け取ってきました。

新型パッドなので、低音とかさぞ良く鳴るんだろうな、と楽しみにしていましたが、
ん??ムラマツ楽器の試奏室で、仕上がったばかりのフルートを吹いてみると、
なんだかどうも、、、調子が、、、悪い。

音に滑らかさがまったくなく、まるで水道管に息を吹き込んでいるような、
そんなスカスカ・ガサガサな音がします。

パッドには汚れひとつない綺麗なクリーム色が広がり、
楽器に使用されているコルクやフェルトも全て新し物に交換されているので、
楽器自体は新品そのものに見えます。とても10年キャリアとは思えません。

でも、音色までもが新品楽器になってしまったかのようです。
私が10年かかって鳴るようにした、かつてのPTP50109はどこに行ってしまったの?

「良くなる」という期待が大きかったために、あまりにショックで
ムラマツの冷たい店員さんに相談しました。

私 「、、、パッドが変わると、結構音も変わりますね。
   でもちょっと鳴りにくいような。新品のような気がします。」

店員「そうですね。やっぱり暫くは鳴るまで吹き込んでいただく必要があると思います。
    後は色々調子が悪いこともあるかもしれないので、
    無料調整期間を半年間もうけています。」

そうなんですか、、、。

家に帰って、楽器修理中に使用していたヤマハの311と吹き比べてみました。

やばい、311のほうが良く鳴る。
しかもC管銀素材の311はプラチナよりも数段に軽く、明るい音がします。

ダメダメダメ!いつまでも311を吹いていたら、PTPに愛情を注げない。
恋愛と同じで、昔の彼を思い出していたら、新しい彼と幸せにはなれません。

ということで、311をケースにいれてまた収納の奥へとしまいこみます。

さて、これからPTPを鳴らしにかからなければ。
鬼指揮者の初合奏まで、後2週間しかないのですから・・・
[PR]



by my50109 | 2007-03-21 20:21 | flute

1830と怪しげなjazz bar@六本木

昨日は、学会帰り友人と六本木のピザ屋さん1830へ。
ウィーン、NY、ワシントンDC、バンクーバーと周ってきたそうですが、
どこまでが仕事で、どこからが私事かしら?
いずれにしても、学会というものは人を集めないといけないので、
大抵は素敵な場所、例えば有数の保養地とかで開催されて、
ほんと、羨ましい限りです。

f0084795_1951298.jpg1830というお店の名前は、
ナポリに世界初のピッツェリアが
誕生した年に由来しているそうで、
やっぱりピザは美味しかったです。



さて、ピザ屋さん、そう長居する場所でもないので、
食べ終わると、たまたま近くにあったjazz barに入りました。

でも、とっても怪しい・・・・

マンションの2階にあって、こじんまりとした店内には、
高そうなスーツを身にまとったおじさま達でそこそこ席が埋まっています。
私達は明らかに場違いな2人。

しかも肝心のジャズは・・・そう上手くない・・・・

30分くらいで出てしまいましたが、御会計はやたらと高く。

う~~ん、怪しいお店でした。

防衛庁跡地に建設中のミッドタウンも3月30日には竣工ということで、
見た目はほぼ完成していました。楽しみ!
[PR]



by my50109 | 2007-03-21 20:08 | restaurant

HUBERT LAWS/COTTON CLUB@東京

今日はCOTTON CLUB
THE LAWS FAMILY featuring HUBERT LAWS,
RONNIE LAWS, ELOISE LAWS & DEBRA LAWSを聴きました。

この日を選んだのは、なんといってもフルーティストの
HUBERT LAWSが演奏するからです。

彼ってすごいんです。何がすごいて、彼、jazzだけじゃないんです。
クラシックの世界でも生きていた人で、NYフィルとか
ランパルとかゴールウェイとも演奏してきた経歴の持ち主。

そして今日のJazz、歌もピアノも、みんな良かった。
こてこてのJazzもあれば、クラシックの名曲をJazzアレンジしたものもありました。

HUBERT LAWSが舞台に持込んだ楽器ケースには、
フルートが3本、さらにピッコロも入っていました。
フルートはC管がシルバーでとH管がゴールドだったと思います。
しかもちゃんと曲によって使い分けてる・・・
ピッコロも、ちゃんと彼が吹くとJazzになっちゃうんですよね。

最後にハグまでしてもらってご機嫌です。
もう、ほんとにかっこ良かった!フルート上手すぎ!!
[PR]



by my50109 | 2007-03-20 01:02 | flute

友人の発表会とTONYROMA@溜池山王

土曜日はフルート吹きの友人の発表会を聴きに行ってきました。
場所はオークラ本館前の発明会館
可動式の反響板を置いてコンサート会場にしていました。

ソロコンサートを聴きにいくなんて学生以来でしたが、思いのほか楽しかったです。
小学生とかもいて、みんなプログラムに「練習してないけどがんばります」とか
コメント書いていて、とてもほのぼの、心温まる感じがしました。

日本は芸術系の遊び(映画、美術館、博物館、コンサートとか)が
他の国に比べて高い、といわれていますが、
こうした無料のコンサートでも十分楽しめるし、芸術的だし、
そこから他の遊び同様、インスパイアーを得ることが出来ると思いました。

発表会後は、みんなで溜池山王交差点近くのTONYROMAへ。
同系統のリブ&ステーキレストランOUTBACKよりも、
リブは柔らかくて美味しかったです。

f0084795_2034240.jpgf0084795_2035058.jpg


追伸:土曜日はフルートとファゴットの発表会でしたが、
なんとファゴットの先生は大学オケのトレーナーだった高橋先生でした。
最後に生徒さんと一緒にデュエットをしていて、久しぶりに先生の
まろやかな音色を聞くことが出来て更に幸せでした。
先生は痩せて、少し若返ったように見えました!
それにしても、世間は狭いなぁ。
[PR]



by my50109 | 2007-03-18 20:03 | restaurant

ティアラ展@Bunkamura

f0084795_1341932.jpg

金曜日は仕事帰りにBunkamuraで開催中のティアラ展に行ってきました。
Bunkamuraミュージアムは、いつもは19時までですが、
週末の金土は21時まで開館しているので、
仕事帰りにも寄ることができて助かります。
海外だと、このように遅くまでOPENしているミュージアムは多いですが、
日本でも最近増えてきましたね。

館内には100点もの実際に使用されてきたティアラが展示してあり、当たり前ですが、
それらに使用されている石は全部ダイヤモンド。ガラスでごまかすなんてありえません。

ガラスケースの中で、ダイヤモンドがきらきら輝いていて、
時に威圧的で、時に震えているように繊細で、もう夢の中にいるようでした。

ティアラの台座(ダイヤモンドをとめるもの)は、昔は銀が一般的でしたが、
19世紀末になってプラチナが登場すると、そちらにシフトしたそうです。
理由は、強度がある割りに軽く、またダイヤモンドの透明な輝きを
さらに強調して見せてくれる素材だからだそう。

ティアラを作る工程のビデオも見れて勉強になりました。
明日までの会期ですがよければ是非。
[PR]



by my50109 | 2007-03-17 13:19 | museum

昔の楽器

今日はオーケストラの練習がありました。

でも私の楽器は今、ムラマツ楽器でパッド交換中。

というわけで、今回に限っては初代フルートをひっぱりだし、
あまり目立たないように演奏してごまかします。

いつもの楽器とは定価ベースで10倍近く値段が違うのですが、
音の違いが分かるのは、案外自分を含めて一部だけだったりして。

時々やる「一流芸能人」の番組で、たくさんの芸能人が
楽器の値段を聞き誤っているのを観るとそう思います。

ちなみに初代はヤマハの311。
初心者向けとしてはかなりの名器です。
そして今もちゃんと製造されていました。

f0084795_22523172.jpg

YFL-311
システム=カバードキイ、Eメカニズム付
頭部管=銀製 主管=洋銀 キイ=洋銀
トーンホール=引き上げカーリング
銀メッキ仕上げ
頭部管=CY
\136,500(本体価格\130,000)
(ケース、ケースカバー付)

しかも値上がりしてます。
私が買ったときはぎりぎり10万円切っていましたから。

普段は収納の奥の奥に眠っている、20年近く前の代物なので、
バランスも悪く、代え指を使わなければ出ない音もあります。

当然下取りに出しても値段なんか付かないので
こうして今も家にあるわけですが、
私が初めて手にしたフルートなので、
それはそれで生涯残っていてもいいかな、と思います。
[PR]



by my50109 | 2007-03-08 22:55 | flute

フルートのその後

欲しがっていた18Kのフルートですが、
今年は諦めることにしました。

というのも先月、管楽器のお店ダクに行って
ゴールドを試奏させてもらった時、スタッフの方がこう仰ったのです。
「ご自身の楽器のほうが自然な音がしますね」
「ゴールドの方がいい、というのはとりわけ日本での傾向です。
高い買い物ですから、本当によくよく考えたほうがいいですよ。」

ええっと、販売員としてはだめじゃないかと思いますが、
それでもその言葉は重く重く感じられました。

というわけで、今年は買い替えをしないで、
パッドの全交換をすることにし、
今日、ムラマツ宛に楽器を郵送しました。

そろそろパッドを交換しなければならない時期でした。
そして、私は旧式のパッドだったので、これが全て新式に変われば、
それだけでも音の響きや吹きやすさが変わるはずです。

パッド交換には2週間かかります。
費用は4~5万円かな。

ちなみに、2ヶ月前に予約は入れておりました。
パッド交換だけでも2ヶ月待ちなんだから、大変ですねぇ。
しかも、楽器によって待ち時間が違うのはどうしてかしら?
[PR]



by my50109 | 2007-03-05 14:10 | flute

Yahoo! blogからのお引越し
by my50109
プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧