soleil diary

<   2007年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧




叙々苑 游玄亭銀座並木通り店@銀座

去年の夏から秋にかけてデザインでかかわらせていただいた
ショッピングセンターがようやくOPENしました。

現場の方はかなり遅れてどうなることか、というかんじでしたが、
なんとかGW前に竣工できてよかったです。

というわけで、コアメンバー6名で昨日打ち上げてきました。
これだけの大きな現場だったので、贅沢にも叙々苑の
游玄亭銀座並木通り店です。

本当は久兵衛の予定でしたが、今回一番の功労者がお肉好きで、
焼肉やさんになったのでした。ちょっと残念。

でもここは、普通の「焼肉やさん」とは全然違います。黒。そしてクリスタル。
けむりがない、くさくない、JazzyなBGMが流れてます。
パーテーションで区切られた半個室のような部屋は、
それこそ銀座のクラブのようでした。

f0084795_21494617.jpg私たちは個室へ。
個室は打って変わって和の空間です。
BGMも琴の調べ。なんだかテーマパークみたい。

お肉はやっぱり美味しかったです。
まさにとろける感じ。
実はユッケはあまり得意ではないのですが、
ここのユッケは臭みが全然なくて食べられました。


f0084795_21571590.jpgf0084795_21572257.jpg

シーフードもあり。右は最上級ヒレだったかな?
とにかく食べすぎて、今朝は胃が痛かった。

そして素材とともに、お店のスタッフさんがかなり良かったです。
バリっと黒服できめたソムリエさんが居るのにも驚きでしたが、
それ以上に私は和装のスタッフさんが印象的でした。
みなさん若い女性でしたが、すごく心配りのできる人たちで、
対応にいつも感動していました。
スタッフさんがいいお店って、とても貴重だと思います。
[PR]



by my50109 | 2007-04-26 22:05 | restaurant

お誕生日 Forty-Five@Ritz Carlton tokyo

お誕生日当日は、先日のサプライズとは打って変わって、
穏やかなお祝いだと思っていたのに、朝からとんだサプライズがありました。

自分のフロアのEVホールを通りがかると、
とても大きな白い箱を台車に載せた宅配便屋さんがいました。

部屋への扉を開けて差し上げたときに、ふと伝票をみると、
そこには私の名前が。

ひっ、、、、、ひえぇぇぇ。。。
まっ、、また誰かが何かを企んだんだぁぁぁ。。。。

もう心霊現象に近いなにかを感じます。

「あの、、、これ、、、私宛です。」
かろうじて平静を装いながら宅配便屋さんにいうと、
彼は“届け先がすぐにわかってよかった”、というような顔をして
私の席までその箱を運んでくれました。

女性一人が入ってしまう位大きなその箱には「花」という
ステッカーが貼られています。
そしてようやく差出人を確認してみると、なんとそれは彼からでした。

「に、日本企業に海外の文化を押し付けてきて!!」
できることならこの箱を開けることなく消してしまいたい、
と冷や汗をかきながら正直思いました。

f0084795_22244216.jpgくらっくらしながわらも、箱を開けてみると、
中からピンクのバラの花束が。

これから同僚たちは何を言うんだろう、
とビクビクしましたが、なんとそこは、
幸いにもみんな大好評でしたい。
中には、「うらやましい~!
この話を彼にして、私も花束贈ってもらう!」
という子も居ました。

近くに居合わせた営業のおじさんは、
「すごいね~。え、ぼく?ははは、僕が奥さんにこんなの贈ったら、
 逆になんかやましいことしてるんじゃないかって、怪しまれちゃうよ~」
といっていました。

ふ、不幸中の幸い?
いや、好評でした。良かったら皆さんも彼女の職場に
花を贈ってみてください。案外評価が上がるかも知れません!?

彼はこのサプライズが成功したことにかなりご機嫌で、
「住所が良くわからなくて心配だったけど、ちゃんと届いてよかったです♪
 日本では会社にブーケを贈ったりしないの?海外ではみんな良くやるよ。」
なんて、しれっと答えていました。く~~~。

夜はRitz Carlton tokyoのメインダイニングForty-Fiveで食事。

f0084795_22401043.jpgレストランは3/30~4/10までホテルの
宿泊者しか予約ができなかったのですが、
満席というわけではなさそうでした。

目の前には宝石のような
都心の夜景が広がっています。
六本木ヒルズは近くて大きすぎるから
でしょうか、ロビーやダイニングからは
見えない設計になっています。

f0084795_2247463.jpgコースとは別に頼んでくれたケーキ。
Ritzの人が3人がかりで運んでくれましたが、
バースディ ソングはさすがに断りました(笑)
テイクアウトにしてもらったけれど、
ちなみにこれかなり濃厚で、1切れで満足。
2切れ食べると胸焼けします。

Ritzについて少々

f0084795_2342658.jpg左の写真がLobby Lounge兼Barで
ここからも夜景がきれいに見えます。
Jazzの生演奏もしていました。
ゆったりとした作りです。

f0084795_2392445.jpgf0084795_2393411.jpgf0084795_2394199.jpg

左の写真は、ロビーにあります。ちょっとBaliのRitzを思い出させます。
真ん中は同じ45Fにある日本食のダイニング。こちらも素敵そうでした。
右の写真は女性用の化粧室の中。化粧台ですね。
ホテルの女性用化粧室はどんどんゴージャスになっていると思います。
男性用はどうなんでしょう?

職場からは、せっかくだからたくさん写真を撮ってきて、
とせがまれましたが、あんまり撮れなかったなぁ。

そうそう、Ritzに行くなら1Fのメインエントランスから入ることをお勧めします。
車寄せにタクシーを止めると、沢山のスタッフの人が温かく迎えてくれます。
特に着物をきた女性の笑顔が印象的でした。(ちなみにみんな英語はできていた)
[PR]



by my50109 | 2007-04-22 22:48 | restaurant

ぬぬぬ・・・   ORIKASA@銀座

昨日は素敵なサプライズをどうもありがとう!!
く~~~、本当にしてやられました。私だって構えてたのに(>_<)

もう、うれしいやら悔しいやら、昨日はそのせいで眠れなかったくらいです。
こんな素敵な日を風化させたくないので、ブログに書いて残しますよ!

4/6 9:43
いつもサプライズを企画してみんなを楽しませるVさんからメールが入ります。

「久々に、再来週にもで飲みに行きませんか?」

その時点での最来週と言えば、そう、私の誕生日がある週です。

「あ、お祝いしてくれるんだ♪でも、誕生日のことは一切触れてない。
 う~ん、きっとなにかやるつもりだな」と、私だって気づきます。

「でも、せっかくだからのってやろう」と思い
「月曜か火曜ならいいですよ」と返信しました。

そんなこんなで月日が過ぎ、前日に「明日は大丈夫?」
再びVさんから確認のメールがやってきます。

数日前にもお店の話をしたばかりなのに、
前日に再度確認のメールが入るなんて、、、 やっぱりおかしい!


さて、当日のやりとりはこんな感じです。

Vさん 7:59
「myへ。今日オフィスを出るときメールください。
 6時から打ち合わせが入っており、長引くと遅れる可能性があります。
 Tさん(もう一人の参加者。高松へ出張中)
 なるべく早く来てくださいね。こっちは風が強いけど飛行機は大丈夫かなぁ。
 では夜に。」

私 8:01
「了解です。Tさんんも気をつけてきてね。」
Vさん 8:04
「昨晩下見って銀座で飲んでたの?Tさんは飛行機の中だね。きっと。」

”昨晩下見”は唐突で意味がつながりません。Tさんが飛行機な話もくどい。
でも私は「ま、いっか」と流し、今日は早く帰らなければいけないので、
いつもより早めに仕事をしないと終わらない、と仕事にかかります。

Tさん11:17 「高松は雲でーす!うどん食べてから打ち合わせ開始!」

これから打ち合わせで、19:30に銀座にもどってくるなんて、
なんてタイトな出張だろう、と思いながらも仕事に専念。

さて、ここから事態は暗転するのですが、
私はプライベートなメールを仕事中はあまり見ないので、
まったく気がつきませんでした。

Tさん 15:37 「ひえー、打ち合わせが終わらない やばい」
Vさん 15:39 「ちょっと飛行機何時なの?」
Tさん 15:51 「5時の飛行機。まじやば」
Tさん 16:50 「ヤベー!飛行機乗り遅れた。
          とりあえず2人で先に行ってください!どうするか考えます。」
Vさん 16:55 「なぬ~・・・次の飛行機は何時なの???間に合わないじゃん。
           2人で3人分は食べれないから何時でも良いからきてよ。」

今思えばだまされる人がまったく気づいていない、仕掛け人同士だけの会話。
ちょっと申し訳なかったな(^^;

さて、こんなやり取りが携帯に届いていたとは露知らず、
18時前に自分のデスクのメールをひらくとVさんからメールが届いています。

Vさん「緊急。携帯のメールみましたた?」

すぐに携帯のメールを確認すると、なにやらとんでもない状況になっていました。

私 17:57 「今見ました!Tさんやばいですね~。高知?
         そんなに便がないんじゃないの?私は7:30に間に合いそうですが、
         8時にしますか?今Tさんはどこ?いいかげん搭乗してないとやばいよね。」
V 「冨さんはきっと色々模索しているはず。
      10分遅れくらいで私は行けると思うのでゆっくりめに来てください。
       三人分は辛いな。」
私18:21 「了解です。でも1人分キャンセルできないのですか~?
          2人で3人分は間違いなく無理ですよ(^^;」
V 18:43 「もう無理です。」

??もう無理、って、どんな鉄板焼きやだ??? 
その時点でかなり不思議に思いながらも「高松-羽田の飛行機なんて、
そう本数もないですから、今日はTさんはこれないんだ。残念。」と思って
ひそかに期待していた“3人で私のお誕生日のお祝い乾杯”を諦めました。
(トラブルがあると、すぐ次のプランに移行するタイプなので(^^;

さて、私は外に出て、お店の地図を会社に置いてきたことに気づきます。

私 18:43 「あ、お店の地図置いてきちゃった・・・場所教えてください」
Vさん 18:47 「プランタンの1本有楽町側。銀座4-3-2」

ん?なぜ一緒に行こうといってくれないんだ?
やっぱりなにかあるのか?
と再び疑いの念が生まれます。

私 18:48 「一緒にいきませんか?私も19:40にしますよ」
V 18:51 「じゃぁ近くに着いたらメール頂戴」
V 19:06 「今どこですか?Tさんから連絡なしだなぁ。9時までにくるかなぁ
私 19:17 「今品川だから19:40かな。」
私 19:26 「直接お店に行けばいいですか?」
V 19:30 「そうしてください。」
私 19:36 「了解」

実はこの間は裏で携帯メールが山のように届いていました。
友人からのカーテンの催促(発注を忘れてたことに気づく!)、
携帯アドレスの問い合わせ、旅行の調整などなど、、、
だからサプライズの予感をすっかり忘れてしまったのです。

そんなこんなでお店に着くと、6人がけのテーブルの奥にVさんが座っています。
ORIKASAという、すごくかわいい素敵なお店で、窓から銀座の小道が見下ろせます。
今考えれば、6人席と言うのもおかしいのですが、
お店は満席だからそんな席になっちゃったんだ、仕方ないか、と思ったのでした。

すっかりおなかがすいた私は、Tさんは何時になるかわからないから
とりあえず注文しようといいますが、Vさんは待とうといいます。

???、高松からそんなに早く銀座にこれるわけないのに、、、
それでも頑なに待つと言うVさん。

とりあえずシャンパンだけを注文し、乾杯をします。その間にお店の人は
「お料理は皆さんがおそろいになってからになさいますか。」
と、不思議な発言をしていました。
多少違和感を覚えながらも、“3人でも皆さんか~。もうひとりは来れるのかなぁ”
と、私は別のルートへ話を展開させていました。情けない。

一向に注文しないVさんに対し、「それではTさんに電話をかけて
どこにいるか聞いてみよう」と私は提案します。
早速Tさんにかけると、なんと呼び出し音が鳴ります。

私「あ!呼び出し音が鳴るよ!と言うことは機中じゃないよね。
  羽田についてるんじゃない!?」
Tさん「もしもし」
私 「Tさん?今どこ?」
T  「まだ高松なんだよ」
私 「えー!それじゃぁ間に合わないよ~」
T  「待っててよ、すぐ着くから」
私 「いま高松なのに、すぐ着くわけないでしょ~」

その瞬間、銀座の町を見下ろしながら話す私の肩を
ポンポンとたたいたのがTさんだったんです!

も~~~~、その瞬間です、「やられた~~~~!!!」と思ったのは!!!

あんなに予感があったのに!!!

そして、さらにTさんの後ろから大きな白いブーケを抱えたSさんが
「お誕生日おめでとう!」と言いながらやってきます。

さらに頭が真っ白!どうしてSさん!??
そしてSさんの後ろからKさん、Hさんまで登場し、
完全にパニックになってしまうのでした。
(人はこんなとき視野が30度くらいしかなくなってしまう!)

本当にびっくりのサプライズをどうもありがとう!
実はさらに追加のサプライズがあるのですが、
すごく長くなってしまったので、続きはまた書きます。
f0084795_1202171.jpg

みんなが贈ってくれた
JANE PACKER
の白いブーケ。
すごくきれいです。
香りもとてもフレッシュ。


続きです。

さて、ここからは第一弾のサプライズ(上記)ですでに頭が麻痺していた私には、
難易度の高いものでした。

さっきも書いたように、この日はやたらとメールの多い一日。
別件で友人からいくつものメールが入ってきます。

乾杯を済ませ、前菜を食べている頃にVさんが聞いてきます。
Vさん「なんかメール着てない?」
確認すると、確かにメールは2通きていましたが、
Vさんとはまったく関係のない友人からだったので、
「着てないよ」と答えました。

1通は友人Iさんからで、そこには
20:01 「やはり前々から行くって言っていたし、晴れ舞台からなので、
     新響の演奏会に行くことにします。」
もう1通はやはり友人のKさんからで、そちらには
20:02 「サプライズ。曲の終わり切るのって1楽章と3楽章だったっけ?  
      調べてみるね。ところでさこの花。何ていう花?」
Kさんのメールには添付写真が付いていましたが、AUの携帯は、
他社からの写真は一度センターにアクセスしないと確認できません。
メールの内容もかなり飛んでいて、不思議なので、とりあえず今は
写真も含めて確認せず、この会が終わってから返信をしようと思っていました。

しばらくすると、Vさんはまた聞いてきます
(その間、Vさんは私の目の前で何度も携帯をいじっていて
 ちょっと失礼な感じです)

私「え、だからないよ。友達からはあるけど。」
V「それどんな内容?」

どうしてそんなに聞いてくるんだろう?と思いながらも、
しつこく聞いてくるVさんのために、Kさんからのメールを見せます。
あわせて添付写真もセンターアクセスして受信しました。

私「これですよ」

するとVさんは机の下から、添付写真に写っている花と
同じ花(↓の写真)を出してきました。

f0084795_21492330.jpg私「???!!!
  これは、なんですか????どうして??
  き、、、気持ち悪い、、、、。」

そうです、Vさんと縁もゆかりもないKさん。
その2人がなぜか同じ花を提示してくる。
摩訶不思議な世界です。

パニックに陥ってる私に、Vさんはいきさつを説明してくれました。

Vさん談
「Kさんは私のmixiにメールをしてきたのです。
 私の名前はMYちゃんのブログのコメントで知ったと。
 内容は4月20日が誕生日できっとサプライズを考えているだろうから
 私も一枚噛ませて欲しいというものでした。
 彼も昨年の誕生日にYちゃんにサプライズを受けたらしいからなのです。
 ではKさんからということで花を贈るよとしたのですが、普通に贈るのでは面白くない。
 Kさんから携帯に花束の写真を送ってもらい
 それが目の前に出てくるというのを考えたのです。」

Kさん、、、あなたは研究の合間に何を考えているんですか。。。
見知らぬ人にいきなりそんなメールを送るなんて。。。
もう、ほんっとうにやられました。

うん、違うグループを巻き込む効果というのは、すごいですね。
輪をかけて予想外ですから。

思い出深いお誕生日になりました。ほんと、どうもありがとう!!!
[PR]



by my50109 | 2007-04-19 01:18 | restaurant

Ark Hills

f0084795_202794.jpg日曜日はひたすらのんびり。
お昼までゆっくりし、午後から遅すぎるブランチを
食べにArk HillsのAUX BACCHANALESへ。

お客さんは随分前に六本木ヒルズに奪われ、
今はMIDに奪われ、さらにはサントリーホールも改修工事に入ってしまった今、
誰もカラヤン広場にいないだろうと思ったら、
結構人がいました。

f0084795_2002512.jpgブランチの後に飲んだスタバのプレミアチョコレートは
ひたすら甘くて、半分で十分でした。
[PR]



by my50109 | 2007-04-15 20:00 | restaurant

Pavel Sporcl Vn recital @浜離宮朝日ホール

f0084795_18513869.jpg土曜日は浜離宮朝日ホールで、Pavel Sporcl(パベル・
シュポルツル)のヴァイオリンリサイタルを聴いてきました。
プロの音楽家でこんなにかっこいいなんて、素敵過ぎます。

浜離宮は響きのよいホールですが、駅から遠いというのが
難点でした。それが大江戸線の「築地市場前」という駅が
できてずいぶん便利になりましたね。

さて、会場についてみるとお客さんが全然いません。150人くらい?
実は私は招待状をいただいていたので、実質この演奏会は赤字なんじゃないかと
余計な心配をしてしまうほど。
チラシには、「100年に1度の逸材」とアシュケナージの就任公演で
批評家が絶賛した、と書かれていましたが、大丈夫なんでしょうか。

曲目は、素人でも十分に楽しめるような内容でした。
バッハのシャコンヌ、ガーシュインのポーギーとベス、
ノヴァチェックの無窮動、と有名どころが続きます。
特にポーギーとベスは彼のイメージぴったりで、伴奏も派手だし聴き応えがありました。
ただし、やけに音が悪かったのは、楽器がいつもと違うからでしょうか。
伴奏のスタンウェイのピアノのほうがよい音がしていると感じます。

f0084795_19141665.jpg終演後、外に出てみると野良猫が2匹もいました。

築地市場が近いから?
いや、彼らがやけに人懐っこくまたほどよく太っていたのは、
きっと朝日新聞の社員が餌付けしているに違いありません(笑)


同じく演奏会の帰りと思しきおばさんは、
「かわいいわね~、虐待なんかされちゃだめよ~」
といって、愛おしそうに猫をなでていました。
そのコメントにはびっくりしましたが、確かにその通りかもしれません。
[PR]



by my50109 | 2007-04-15 19:18 | film & concert

Da Noi Altri@高輪

今週は月曜日から、新しくきたアルバイトさんの歓迎会と
前期のお疲れ様会をかねて、高輪東武ホテル1Fにある
Da Noi Altriでお食事をしました。

西麻布の本店と新しくOPENしたミッドタウンのお店は混んでいるようですが、
この高輪のダノイは結構すいています。

トラットリアだけれど、スペースはゆったりととられていて、
落ち着いたインテリアの中で、食事を楽しめるので実はお勧めです。
もちろん食事もおいしいですよ。

コースは¥5,800くらいからだったかな。
ちょっとお高めですが、何かのときならいいと思います。
[PR]



by my50109 | 2007-04-12 22:08 | restaurant

DRALIONに行ってきました

f0084795_12461529.jpg金曜日の夜は、友人と
DRALIONを観に行ってきました。

ドラリオンて、「シルク・ドゥ・ソレイユ」の中の
ひとつなんですね。
シルクドソレイユの中に、
アレグリアとかキダムとかもあって
世界中でそれぞれが公演しているみたいです。
劇団四季の春夏秋冬みたい?

だから、今アメリカとかでツアーしている
他のチーム(?)も、そのうち日本にくるんでしょうね。

公演自体は笑いあり迫力ありで面白かったです。
音楽も、オペラやミュージカル同様生演奏でした。
演技をする人が失敗したら、ちゃんとコンダクターの人がアレンジして、
もう一度曲がその部分だけリピートするようになってる。
つながりもとても自然で、流石でした。

さて、その日は終電+人身事故で最寄り駅に着いたのが
1時半(am)になってしまいましたが、
なんと駅には選挙候補者の皆さんが「おかえりなさい!」と
ご挨拶しているではありませんか。

朝も早くから駅に立っているのに、この人たちはいつ寝ているんでしょうか?
明日からゆっくりできるといいですね。

これまで常に聞こえていた選挙カーからの「よろしくおねがいします!」
という声も、さすがに今日は聞こえません。
これから一票投じてきます。
[PR]



by my50109 | 2007-04-08 13:00 | film & concert

ブラ2代奏

明日からサントリーホールは改修のため半年間のお休みに入ります。
だから今日は、お別れ会に行きたかったのに、、、
来週土曜日のオケの練習、のための練習をしなければならないので
いけませんでした。本当に残念です。

代奏なのに、、、、
でも難しすぎるよ、ブラームス交響曲2番の1stフルート!
どうして1ページに"solo"て文字が3箇所とか出てくるの?意味わかんない。

今日3時間くらい練習しただけじゃとても追いつかないので、、
緊急措置として、CDとスコアを買ってみました。
後は当日まで何もできないので、ひたすら電車の中で
CDを聞きながらスコアを読んでイメトレします。

土曜日は10時から17時まで練習だそうですが、
6時間も通し練習なんて久しくしたことがないから、
腱鞘炎になるんじゃないだろうか、、、
いや、その前に指揮者が怖くて胃潰瘍になるかも、、、。

とりあえず、当日は2ndさんに9時に来てもらって、
パート練に付き合ってもらいます、、、。

ちなみに、先日取り替えたパッドがなじむには、
一般的に3ヶ月くらいかかるそうです。
週に1日しか練習しない私のパッドがなじむには、
3年くらいかかるかもしれません。
[PR]



by my50109 | 2007-04-01 23:02 | flute

Yahoo! blogからのお引越し
by my50109
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

メモ帳

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧