soleil diary

<   2008年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧




春散歩 六本木一丁目~新橋

彼の税務書類の簡易書留を出すために、
土曜日も窓口が空いている芝郵便局までお散歩です。
ちなみに書類の〆切は月曜日。相変わらずのぎりぎりっぷり。

米系外資系企業に勤めるEちゃんは、本社からのレスの悪さを
嘆いていましたが、イギリス人もこんなもんです。

f0084795_22275684.jpg
まずはPATISSERIE KIHACHIで腹ごしらえ。
休日のランチは決まってここかAUX BACCHANALESになりますが、
正直言ってどちらも味より雰囲気派。
それってどうなの~とも思いますが、とりあえず雰囲気がよくて、
しかも天気がよければ外!という彼にはその辺り、譲れないみたいです。
ARKの桜は随分つぼみが膨らんでいて、こちらはとっても楽しみ。

KIHACHIに着くなり"Hi! ×××!!"なんて声が聞こえて、
彼の会社の同僚家族偶然ご対面。なんだか日本じゃないみたいです。
向こうも同じロンドンから来た人で、日本人の奥様と4歳くらいの男の子。
やっぱりハーフは可愛いですね~。

f0084795_22502313.jpgその後無事に芝郵便局へ到着。
開局100周年記念の
ポストが可愛いです。

さて、こういう所に来て
説明を受けるとなると、いつも
ちょっと面倒なことになります。

局員に不器用な日本語で
質問する彼。
スムーズな日本語で
私に答える局員。

ちょっと待って。
そこ違うでしょ。
私でなく彼に説明してください。

ちなみに、イギリスでは所得の40%が税金として引かれてしまうので、
日本に来て彼の手取りは増えたそうです。
もちろんその分は私に使うのよ、とアドバイスしておきました(笑)
[PR]



by my50109 | 2008-03-16 22:59 | restaurant

Pe'z magic

f0084795_2235955.jpg
金曜の夜はPe'z magicでハンバーガーのデリバリーを頼み
おうちでゆっくりDVD三昧です。

desperate housewivesは、基本的に1話完結
気軽に楽しめるのでこのところのお気に入り。

このDVDを見ながら「できる?どう思う?」なんて話をお互いすると、
相手と家庭に対する考え方がシェアできて便利です。

今はseason1-7までやってきました。
私は結構ブリーが好き♪
[PR]



by my50109 | 2008-03-16 22:14 | restaurant

ホテル見学

金曜日はあの春の嵐の中、お台場に建設中の
会員制リゾートホテルの見学に行ってきました。

f0084795_22204018.jpgここは、リゾート施設を共同で所有し、
一定の期間だけ利用する権利を購入する
というタイムシェアリング・システムを
採用した施設です。

さてその価格は、、、
一番安価な価格帯で
13,706,026円
運営管理費(年) 199,500円
※年間24泊タイプ
1フロアを、フロア室数×15名で共有

ちなみに最も高いロイヤルスイートで
33,041,659円※同じ年間24泊タイプ

一応年間12泊タイプと言うのもあり

f0084795_22211042.jpgそちらはもっと安くなります。

たっ、高い、、けど法人向けが
メインだから買い手はいるんだよね。

内装はゴージャスの一言です。

ちなみに、左の写真は24F
(23Fだったかな)のラウンジから
下を覗いたもの。
上の写真の左棟と右棟を結ぶ
ブリッジのところです。

会員でなければ宿泊できないこの施設。
再び私がここへ入ることがあるんでしょうか。
(多分ないな。)
[PR]



by my50109 | 2008-03-15 22:47 | work

落選

去年の秋から攻めていたお仕事、他社さんに取られてしまいました・・・

ここ2~3年S社が採用されていて、今年ことは当社へ変更させろ、
という指令のもと営業さんと頑張ってきたけれど、結果は今年もS社。

f0084795_22425638.jpg落選の電話を受けて、慌ててアポを取り
その会社に伺ったのですが、
どうにもならなかったなぁ。
まぁ、落選の理由が聞けたのはよかったけど。

実は、ここまで深入りして
取れなかった仕事はこれが初めて。
(もっと初期の段階で落とされる
 ことは多々経験していますが)

だからショックであります。
そして、一度経験すると
結構次に響くんですね。

f0084795_22423479.jpg明日もコンペプレゼンがあるんですが、
これまでにあまり感じたことがない
不安を感じます。

営業さんと2人でお茶。
西新宿の青い空が目に染みます。
[PR]



by my50109 | 2008-03-11 22:38 | work

スワロフスキー

スワロフスキーって、少し前からインテリアにも結構使われるようになりました。
スワロフスキーのサイズやカラーは豊富なので、カーテンやクッションに縫い付けたり、
数珠繋ぎにしてタッセルにしたり、カーテンレールから吊るしたり。

スワロフスキーという極上のプリズムに光が当ったときにできるスペクトルは
本当に本当に綺麗です。
f0084795_22194724.jpgちなみに写真は先日、某ホテルで
使用したスワロフスキー。
試作用が残ったので、もらっちゃいました。
何にアレンジしようかな。
小さいスワロフスキーは
携帯ストラップにしてみようっと♪

さて、そんなスワロフスキーが3/29、銀座に世界初の
フラッグショップをオープンさせるそうです。
ファサードやインテリアはスワロを使った作品も多い、デザイナーの吉岡徳仁さん。
楽しみだな。記事はこちら
[PR]



by my50109 | 2008-03-10 22:30 | work

とんちゃん@五反田

f0084795_22393726.jpg
金曜日はビッグサイトで行なわれていた展示会の最終日に行くためお台場へ。
レインボーブリッジからは、次回のオリンピック会場(決まれば)の
予定地が埋め立てられている様子がよく分かります。

f0084795_2245916.jpg
展示会が終われば一斉に解体。
私は解体工事はしませんが、捨てられては困るものを持ち出したり、
工事の人に指示を出したりすることもあるので、
ヘルメットが必要なんじゃないかと思うときもしばしば。

f0084795_22472173.jpgようやく荷物をまとめて
車に乗ると、すでに大渋滞。

場内を出るのにも
一苦労ですが、
ここは諦めるしかありません。

それにしてもこの日は
雹も降ったようですが、
搬出の頃には雨も
小降りになっていたので
本当によかったです。


夜はとんちゃん 五反田店で打ち上げ。
ここは王様のブランチ2003年日本全国お店202軒メニュー423中1位に選ばれた
豚の焼肉屋さん。韓国なだけあり小鉢もお変わり自由。
キムチも焼く。
f0084795_22514449.jpg
ジュー!f0084795_22561587.jpg
f0084795_22562940.jpg焼きあがったら、
サンチュに
お肉とキムチと
このねぎを巻いて
お好みでごま油や
豆板醤をつけて
食べます。

すっごく美味しい♪

焼いたり、
一口大に切ったりは
すべてお店の人が
やってくれます。

しめはキムチチャーハン。f0084795_234885.jpg
においが付いて大変だったけど、また行きたいな。
[PR]



by my50109 | 2008-03-08 22:49 | restaurant

送別会 第2弾

木曜日は送別会第2弾。この日は私が幹事のようになってしまい、
1次会、2次会のお店予約にプレゼントの準備など、結構大変でした。

プレゼントはなにを送ったらいいんだろう、と周りの人に聞いたり、
こんなサイトを読んでみたり、、、http://yaplog.jp/taishokuiwai/2

贈ってはいけないものも学習しました。

【日本茶】
日本茶はよく香典返しなどの弔事に使われることが多い品物です。
従って、「お祝い」の贈り物としては通常不適切とされているようです。た
だ、おしゃれな茶筒に入った日本茶など一見弔事をイメージするようなものでなければ、
お茶好きの人には喜ばれる品物になる可能性もあります。
とにかく、相手をよく知った上で贈る事がいいと思いますが、避けたほうが無難な品物です。

【櫛(くし)】
字から「苦」や「死」を連想させるんだそうで、縁起が悪い贈り物とされています。
また、櫛は歯が欠けることもあるので、避けたほうがいい品です。

【ハンカチ】ハンカチを漢字にすると、「手巾(てぎれ)」となり、手切れ、
つまり縁を切るということに繋がるため、「もう会いたくない」という意味になるので
贈り物としてはタブーとされています。ただ、単なる語呂合わせにすぎないので
好きな人には喜ばれる一品になります。

退職後は旅行に行ったりしながら奥様との時間を大切にしたい、
とおっしゃっていましたので、日経ナショナルジオグラフィック社から出版されている
世界一周 夢の旅図鑑をプレゼントしようといざ八重洲ブックセンターへ。

f0084795_22123280.jpg奥様との旅行プランの参考に
していただければ、
と思っていたのですが、
現物を見てみると、、、、
中の写真の印刷が、、、、、
きれいにじゃない!

10年前から図書館においてある
写真集みたいに、画像が渋いんです。
ナショナルジオグラフィック、
期待していたのでとっても残念でした。
紙がいけないんだろうなぁ。

と、いうわけで写真集は却下です。
そして決めたのは「ポータブル灰皿とストラップ」。
ステンレスと黒いレザーでできた、とても渋めなプロダクツです。

旅先では、一服したい場所に限って灰皿がないことも多いので、
これがタバコを欠かさない課長の、外出のお供になればと思いました。

ちなみにお店は焼酎好きの課長仕様で、1次会が芋蔵庭園
2次会が品川駅ビルatre内のthe ZEN 焼酎BAR & DINING

両方とも駅から近くて便利でした。
芋蔵さんは送別会仕様にしてくれて、お店のサービスも○、
the ZENは九州の地域別に焼酎が用意してあって、上司も喜んでおりました。
[PR]



by my50109 | 2008-03-04 22:10 | restaurant

駒形どぜう@浅草

水曜日は会社の上司の送別会第一弾(こじんまり編)でした。

会場は浅草の「駒形どぜう」
九州へ戻られる方へ、東京の思い出になればと。

がらがらと扉を開けると、そこは大座敷。
みんなあぐらをかいて鍋をつついている光景に、
まるで江戸か明治にタイムスリップしたような錯覚を覚えます。

2階に案内された私たちは、早速お酒とどぜうなべを注文。

わたを取らないどじょうとと取ったどじょう。

f0084795_2254393.jpg

まずはわたを取ってないどじょう(写真上)から頂きます。
初めて食べましたが、臭みもなくて美味しかったです。骨も全然気にならない。

f0084795_2252541.jpg
続いて取ったどじょう(写真上)。これはもっとマイルドで、うなぎみたいです。
さらに山椒や七味をかけるとまた美味しい。

ちなみにこのどじょうたちは、鍋にくべられる前に泥酔させられるそうです。
壮絶な末期ですね。

続いて厚焼き玉子やごまどうふを頼みます。
日本酒がよく進む。 そしてどじょうの味噌汁。
f0084795_22532393.jpg
なんだか酔っ払っていたのでたいして気にならなけれど、
今考えるとあれはちょっと、、、、濃厚な味噌汁の中に、
姿形をきれいに保ったままのどじょうが、何匹も入っています。

沼のどじょうをすくって食べてるみたい、、、、。

どじょうといえば、鍋に豆腐と生きたままのどじょうを入れて
食べる方法もあるそうですね。

お湯の熱さに耐え切れなくなったどじょうたちは
競って豆腐の中に逃げ込むそうですが、
案の定その豆腐の中で煮られてしまうそうです。なんてかわいそう、、、。

ちなみに、それを自宅でやったとある上司は、食べごろと思って豆腐を崩してみると、
まだどじょうが生きていて失敗した、と言っていました。 ひぃぃぃ。

<六代目越後屋助七さん談>
柳川ももちろん人気ですが、うちの看板は「どぜうなべ」。
どじょうは臭みや骨がある、と思われがちですが、
独特の下ごしらえをしていますから、まあとにかく一度、食べてみてください。
全然違うでしょ? 
自分でもいつも「うまいなあ」と思いながら作って食べてんですよ。 

まず、生きたままのどじょうに、たっぷり酒を振りかけます。
彼らは腸呼吸で、水から酸素を取り入れていますから、水分なら何でも飲んじゃう。
で、体内の水分がすっかり酒に入れ替わり、泥酔状態になったところを、
味噌汁でゆっくり煮込みます。すると泥臭さが消えて骨まで柔らかく、
口の中でとろけるくらいになります。 形が嫌、って人もいますけど、
「一物全体食」ってのは体にいいんですよ。
昔の人は、目の調子が悪ければ動物の目、足なら足、
と同じ場所を食べたといいますから。

これを、鍋で煮ながら食べてもらいます。ポイントは浅鍋。
江戸っ子ですから、すぐ煮えてすぐ食べなきゃ気がすまない。
割り下を加えながら、常に深鍋の状態を保ちます。
これに、たっぷりの刻みねぎをのせて一緒に食べることで、
どじょうのカルシウムの吸収がよくなるんだそうですが、
そんなことより、うまい。だしとねぎだけで十分食べられます。
[PR]



by my50109 | 2008-03-02 22:59 | restaurant

Yahoo! blogからのお引越し
by my50109
プロフィールを見る
画像一覧

メモ帳

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧