soleil diary

京都観光

日曜日は京都観光です。
京都には随分と来ていますが(6回目?)、何度来てもわくわくします。

さて、少なからず期待していた桜にはあっさり裏切られました。
(東京は火曜日から咲いていたのに・・・)

でも、つぼみは膨らんでいたし、鴨川沿いの柳も随分緑が出ていたので、
京都も着実に春めいているようです。

まずは15日にオープンしたばかりのHYATT REGENCY KYOTOを見学。
ここは三十三間堂隣で、元は京都パークホテルでした。
f0084795_015224.jpg

館内は思いのほか明るく、HYATT のChicな雰囲気と
日本らしさがやわらかく融合しているようでした。

11:30に友人にホテルへ迎えに来てもらって、
そこからは友人任せ(つまりは行き当たりばったり)旅行です。
友人は大学が同じですが、京都出身、今も京都で働いています。

車で平安神宮の前を通り、着いたのは真如堂。
東山三十六峰を借景にした枯山水の涅槃の庭が有名です。
f0084795_0154642.jpg

堂内いっぱいに桜の木があって、後一週間遅ければ、本当に絶景だったと思います。

さて、そろそろお昼ごはんですが、候補だったらしい「おめん」は
1時過ぎなのに長蛇の列。諦めてここから嵐山へ向かいます。
目指すは天竜寺境内の湯豆腐。

途中、たまたま近くを通ったので京大に寄り道しました。
f0084795_016513.jpg

奇麗になってました!
(>くりぽん、ここにも素敵なカフェがありましたよ!
  同じ国立なのに。やっぱり旧帝国大だから!?笑)

もう後期試験も終わっていて、時計台をバックににっこりわらって
記念撮影を取る幸せそうな家族と、サークルの新歓用のたて看板を
たくさん目にしました。ちょっと懐かしかったです。

さて、天竜寺に到着。
3人で湯豆腐をいただきます。
f0084795_0162831.jpg

お庭を見ながらゆっくり時間をかけて湯豆腐を食べるって贅沢ですね。

ご飯の後は、そのまま天竜寺を見学して、竹林を抜け落柿舎へ。
(下の写真は天竜寺)
f0084795_0172995.jpg


ところで、なぜこんな落柿舎という変わった名前がついているのか。

「昔々、芭蕉の門人で向井去来という俳人がこの庵に住んでおった。
 そしてこの庵には40本のたいそう立派な柿の木があったそうな。
 ある商人はすでにその年の全ての柿の実の購入を決め、
 去来にお金も払っていたそうじゃが、とある晩、
 突如として全ての柿の実が枝から落ちて、台無しになってしまった。
 これを知った商人はたいそう嘆き悲しんだそうじゃが、
 それを見た去来は、その商人を不憫に思い、お金を全て
 その商人に戻してあげたそうな。
 それからその庵は、“落柿舎”と呼ばれるようになったんじゃと。」

先物ですねぇ。
そして、京都の旅もこれで終了です。

後はこれまた奇麗になった嵐山駅の近くでお土産を買いました。
f0084795_0165825.jpg


さて、最後に友人に聞いてみました。

「京都に住んでいて、一番お勧めしたい季節はいつ?」

悩んだ末に友人が出した答えは、梅雨の7月でした。

「桜も紅葉もええんやけど、梅雨の頃が
 苔や草木の緑がしっとりと雨にぬれて、一番奇麗に見えるんや。」  

意外な答えでしたが、妙に納得。
旅行には面倒ですが、小雨が降っているくらいがベストだそうです。
[PR]



# by my50109 | 2006-03-26 23:23 | travel

Mozart/協奏交響曲 変ホ長調 K.297b

今日、帰宅したらAmazonに注文していたCDが届いていました。
(月曜に注文したから中一日)

普段はCDをネットで買うことは滅多になく、
銀座の山野や、新宿のムラマツで一枚一枚手に取りながら
買いたいCDを選ぶのですが、
さすがに今回は買いに行く時間が無かったので。

実は今週の日曜日に、某オケとこの曲を演奏しなければなりません。
(今頃CD買ってる場合じゃないんですけど。)

私が演奏するのはオーボエパート。

通常はOb,Fg,Cl,Hrのソロ楽器+オケ編成ですが、
今回はObの代わりにFlが入るそうです。

依頼されていたのは2ヶ月くらい前なんですが、
悩んでいるうちに時間がたち、断りそびれてしまいました・・・

まずいなぁ。

でも、ソロパートを空席にするわけにはいかないので
とにかく初回の練習には参加しないと。

楽器でさらっている時間が無いので、
とりあえず、通勤時間にCD聞きながら譜読みして
頭の中に曲を叩き込みます。

そうすれば、土曜日2時間くらい練習すれば
なんとかなったり、して♪(苦笑)

f0084795_031264.jpg

Mozart/協奏交響曲 変ホ長調 K.297b
オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットと管弦楽のための

ベルリンフィル、指揮はベーム 1966年録音
ob;カール・シュタインス cl;カール・ライスター
hr;ゲルト・ザイフェルト fg:ギュンター・ビークス

ソリストもオケも完璧でした。
曲はさすがのモーツアルトなだけに言わずもがな。
Obパート吹き的に3楽章のイントロが可愛くて好き。
2楽章、今回はやらないで欲しい・・・
練習しないで行ったら絶対に間延びしそう
[PR]



# by my50109 | 2006-03-09 00:36 | flute

Yahoo! blogからのお引越し
by my50109
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

メモ帳

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧